合理的配慮の例:(多言語医療支援システム「e-検査ナビ」)

『医療検診の「言葉の壁」をITで打破、多言語+手話まで対応』

【株式会社アイエスゲート:胃部X線検査支援システム『e-検査ナビ』】

※東京都聴覚障害者大会にも出展されているそうです

https://www.isgate.co.jp/e-kensa-navi/features/

経済発展と社会的課題の解決を両立する「超スマート社会

(Society 5.0)」を目指す「CEATEC2019」が、

10月15日から幕張メッセ(千葉県)にて開催されそう。


さまざまな企業や団体等からブース出展されるが、

聴覚障害者にとってある注目ブースが。

 

【医療検診の「言葉の壁」をITで打破、多言語+手話まで対応
~検診のバリアフリーで受診者層の拡大に~】

  https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/tokyo_bizfrontier2019/1206559.html

  (記事から一部引用)

多言語医療支援システム「e-検査ナビ」シリーズで、

胸部X線、胸部CT、乳房X線、胃部X線検査において、

耳の聞こえづらい方や、外国人の方に検査指示を

わかりやすく伝えることを支援します。

具体的には、検査者がタブレットのアイコンをタッチして

指示内容を決めると、受診者にはイラストやアニメーション

(手話含む)、多言語の文字及び合成音声で伝えられる、

という仕組みです。

検査前、検査中、検査後のいずれのシーンにも対応し、

表示は液晶ディスプレイやヘッドマウントディスプレイが

利用できます。

~中略~

また、検査の都合でうつ伏せになった状態でも

指示がわかるよう、ヘッドマウントディスプレイも

組み合わせることができます。
受診者から見て「指示内容が(口頭だけでなく)“見える”こ

と」、そして検査者からみて「操作がわかりやすい」のが

ポイントと考えています。

~中略~

「e-検査ナビ」のようなシステムが普及すれば、

耳の聞こえづらい方など、受診が難しかった方々も安心して

受診できるようになります。

それに対応した集団検診の仕組みも作れれば、

地域の安心につながります。

 

音声コミュニケーションが難しい聴覚障害者にとって、

人間ドッグや健康診断等で検査技師や看護師とのやり取りは

結構負担です。

このサービスが病院に広まればいいですね!

 


『手話を覚えてみよう』

手話動画

重要なお知らせ・募集中

新型コロナウイルス感染症にかかるセンター主催研修講座の中止について

 

以下の当センター主催の研修講座について中止を決定しました。
《中止を決定した研修》
●2月29日 

   盲ろう者通訳・介助員現任研修
●3月 7日 

 手話通訳者現任研修
●3月20日 

 災害支援サポーター研修講座

●4月9日

 難聴者向け手話教室

●4月12日

 盲ろう者通訳・介助員現任研修

 

《延期を決定した講座》

※いずれも昨年度から継続開催の

 講座です

●手話通訳者養成講座

 4月11日から実施予定分

●要約筆記者養成講座

 4月18日から実施予定分

●盲ろう者通訳・介助員養成講座

 5月31日から実施予定分

 

 

 

 

 

 

 

 

三重県:新型コロナウィルス感染症に関する相談窓口(聴覚障害者への対応)

・三重県感染症対策班

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・令和元年度スケジュール

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

字幕ボランティア日】

毎月2~3回 活動しています!

【令和2年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●令和2年

  4/9(木)  13:30~15:00

 ※4/9の教室は

      新型コロナウイルスの

      感染が拡大している状況を

      鑑み中止といたします。

  5/14(木)  13:30~15:00

  6/11(木)  13:30~15:00

  7/9(木)    13:30~15:00

  8/13(木)  13:30~15:00

  9/10(木)  13:30~15:00

  10/8(木)  13:30~15:00

  11/12(木)13:30~15:00

  12/10(木)13:30~15:00

【相談日】

毎月火曜日、木曜日

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談予約利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp