※下記のお知らせをそれぞれ分類し、上部の「センターからのお知らせ」「みみより情報」「字幕上映(邦画

   等)」などに掲載しています。ぜひ、そちらもご覧ください。

2017年

5月

26日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画のお知らせ『帝一の國

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

『ライチ☆光クラブ』『幻覚ピカソ』等の人気漫画を生み出した古屋兎丸の大ヒット作『帝一の國』が、野村周平、竹内涼真ら人気若手俳優の共演で実写映画化した学園コメディです。

 

『帝一の國』

 http://www.teiichi.jp/

(ストーリー)

全国屈指のエリートたちが集まる超名門・海帝高校。

政財界に強力なコネを持つこの学校で生徒会長を務めた者には、将来の内閣入りが確約されるという。
その海帝高校で1番になるという意味で名付けられた赤場帝一は、主席入学を果たした。

総理大臣になって自分の国をつくるという夢を叶えるための第一歩として、2年後の生徒会長選挙で生徒会長に当選すべく誰よりも早く行動を開始した帝一は、想像を絶する命がけの権力闘争の中へ身を投じていく。

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間:5月28日(日) 16:15~18:25

           5月29日(月)~31(水)

                   18:50~21:00

【イオンシネマ鈴鹿HP】

 http://www.aeoncinema.com/cinema/suzuka/

監 督:永井聡
原 作:古屋兎丸
脚 本:いずみ吉紘
製 作:小川晋一
      木下暢起
キャスト:
      菅田将暉
      野村周平
      竹内涼真
      間宮祥太朗
      志尊淳

 

配 給:東宝

上映時間:118分


2017年

5月

25日

みみより情報(医療機器ニュース:なぜ日本で補聴器が普及しない?)

医療機器ニュース『なぜ日本で補聴器が普及しない? 』

医療機器ニュース:「なぜ日本で補聴器が普及しない? シバントスが市場拡大へ」の記事から引用

医療機器ニュースに、日本における補聴器の普及率についての特集がありました。

 

【なぜ日本で補聴器が普及しない?シバントスが市場拡大へ

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1705/25/news035.html

シバントス社の調査によると、日本の難聴者率は11.3%と人口比ではドイツ(12.1%)イタリア(11.7%)に次いで3番目の高い比率となっているそうです。
しかし、日本での補聴器利用者数は約200万人で、難聴者に対する補聴器普及率では欧米先進国が30~40%台となる中で日本は13.5%と大変低いとのこと。


日本は難聴者が多いにもかかわらず、補聴器を使っていない人が非常に多いのはなぜなのでしょうか?

 

補聴器を使わない理由の調査結果や同社の補聴器のイメージアップ策などについて特集されています。

 

ぜひ、ごらんください。

 


2017年

5月

24日

みみより情報(いせてらす手話ガイド 手話でお伊勢参り)

いせてらす手話ガイド『お伊勢さんを手話ガイドと一緒にお参りしませんか』
いせてらす手話ガイド案内チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 207.7 KB

いせてらす手話ガイドからお知らせがありました。

 

お伊勢さん』を手話ガイドと一緒にお参りしませんか

(案内から引用)
▶いせてらす手話ガイドって?
 伊勢市内と近郊在住の手話サークルメンバーやろう者が

 集まり、当地を訪れる聞こえない方のお手伝いが出来れ

 ば・・・と発足したボランティア団体です。

▶みんな手話が上手なの?
 手話の程度はバラバラですが、(ろう者のガイドも活躍中)

 月に一度勉強会を開いて、伊勢の歴史、文化、手話表現など

 を楽しく学んでいます。

▶お問合わせ: 

 伊勢市社会福祉協議会 ボランティアセンター伊勢分室 
    TEL: 0596-27-2425 FAX: 0596-27-2412

  E-mail  iseshakyo-ise@mie.email.ne.jp 

 

伊勢志摩サミット会議やお菓子博も終わり、落ち着いてきた伊勢を手話で楽しんでみませんか?
 

詳しくは左の案内をごらんください。

 


2017年

5月

23日

みみより情報(名張市が手話言語条例のパブコメ結果を発表しました!)

名張市が『名張市手話その他コミュニケーション手段に関する施策の推進に関する条例(素案)へのご意見と市の考え方』を発表しました

名張市は昨年から手話言語条例の制定に向けて検討を行い、2月からは条例素案へのパブリックコメントを募集しました。

そして、先日その結果及び意見への市の考え方を公開しました。

 

意見提出は37件(7人)あり、条例施行後、市に取り組んでほしい施策に関する意見が多く出されたようです。

・公共の場への手話通訳設置の推進

・遠隔手話通訳

・手話の普及

・観光や災害時の場面での意思疎通支援

 

詳しくは下記の名張市HPをごらんください。

『名張市:名張市手話その他コミュニケーション手段に関する施策の推進に関する条例(素案)へのご意見と市の考え方』http://www.city.nabari.lg.jp/s010/110/030/2016/120/20170517113555.html

 

『名張市:名張市手話その他コミュニケーション手段に関する施策の推進に関する条例(素案)へのご意見と市の考え方』


2017年

5月

22日

みみより情報(デフリンピック日本選手団応援ソング発表!)

『第23回夏季デフリンピック・サムスン2017』の応援ソングが正式発表!

サムスン(トルコ)で今年7月18日(火)~30日(日)の期間に開催される、第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017”の日本選手団応援テーマソング『HERO』が、この度、正式発表されました。

ボーカル&手話パフォーマンスグループ『HANDSIGN』と手話パフォーマーの三城千咲によるもので、全日本ろうあ連盟によって公認されています。先日20日(土)に神奈川県でのライブにてお披露目がなされたそうです。

 

『産経新聞:日本初のデフリンピック公認応援テーマソングが遂に完成! No.1レースクイーンと、TV・ネットで話題の手話パフォーマンスグループがコラボ 』

http://www.sankei.com/economy/news/170519/prl1705190101-n1.html

 

また、『HANDSIGN』と三城千咲からデフリンピック日本選手団への応援メッセージ(手話付)も発表されています!

 

『産経新聞:日本初のデフリンピック公認応援テーマソングが遂に完成!』

HANDSIGN』と三城千咲からデフリンピック日本選手団への応援メッセージ(手話付)


 

三重県聴覚障害者支援センターの

部屋予約状況・事業計画

重要なお知らせ・募集中

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成29年度スケジュール

H29年度要約筆記者養成講座

受講生募集中です!

・養成講座案内(PDF)

・養成受講申込書(Word)

H29年度手話通訳者養成講座

受講生募集中です!

・養成講座案内(PDF)

・養成講座案内(Word)

H29年度盲ろう者通訳・介助員養成講座 受講生募集中です!

・養成講座案内(PDF)

・養成講座案内(Word)

【5月の字幕ボランティア日】  ※字幕ボラ常時募集中 

5/16(火)13:00~16:00

5/24(水)13:00~16:00

5/30(火)13:00~16:00

5/31(水)13:00~16:00

【平成29年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成29年

 4/13(木)13:30~15:00

 5/11(木)13:30~15:00

 6/  8(木)13:30~15:00

 7/13(木)13:30~15:00

 8/10(木)13:30~15:00

 9/14(木)13:30~15:00

10/12(木)13:30~15:00

11/  9(木)13:30~15:00

12/14(木)13:30~15:00

●平成30年

 1/11(木)13:30~15:00

 2/  8(木)13:30~15:00

 3/  8(木)13:30~15:00 

【5月の相談日】

火曜日:5/2,9,16,23,30

木曜日:5/10,18,25

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp

各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索