※下記のお知らせをそれぞれ分類し、上部の「センターからのお知らせ」「みみより情報」「字幕上映(邦画

   等)」などに掲載しています。ぜひ、そちらもご覧ください。

2019年

1月

23日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映 『マスカレード・ホテル』

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

『マスカレード・ホテル』

 http://masquerade-hotel.jp/

 

(ストーリー)

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」が映画化!

都内で3件の殺人事件が発生したが、現場にはいずれも

不可解な数字の羅列が残されていたことから、

連続殺人事件として捜査が開始される。

警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、

その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・

コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。

犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして

潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントク

ラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に

近づいていく・・・

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間:1月27日(日)~30日(水) 18:10~

 

 【イオンシネマ鈴鹿HP】

 http://www.aeoncinema.com/cinema/suzuka/

監 督:鈴木雅之
原 作:東野圭吾
脚 本:岡田道尚
製 作:石原隆
      木下暢起
キャスト:
      木村拓哉
      長澤まさみ
      小日向文世
      梶原善
      泉澤祐希

 

配 給:東宝

上映時間:133分


2019年

1月

22日

みみより情報(現代自動車、聴覚障害者向けの運転支援技術を発表)

日本経済新聞『現代自動車、聴覚障害者向けの運転支援技術を発表

聴覚障害者にとって運転中の悩みは、緊急車両のサイレンがなかなか聞こえず、接近に気づくのが遅れてしまうということです。

日本経済新聞に、韓国の現代自動車の取り組みが掲載されていました。

 

【日本経済新聞:現代自動車、聴覚障害者向けの運転支援技術を発表】

 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40106010X10C19A1000000/  

 (記事から一部引用)

韓国・現代自動車は、聴覚障害のあるドライバーに対し、サイレンなどの音情報を視覚や触覚に置き換えて伝える技術を2019年1月10日に発表した。緊急車両のサイレン、音声ナビゲーション、車両からの注意喚起を促す警告音、踏切音、他車からのクラクションなどを伝えられる。
まず人工知能(AI)を使って、聞こえてくる音のパターンを分析し、ドライバーに伝えるべき情報かどうかを判断する。

 

記事の写真を見てみると、ステアリングの点滅やヘッドアップディスプレイに表示など、すごくわかりやすいようです。

これから期待される人工知能(AI)の技術が活用されるようですね。

 

日本の自動車メーカーもぜひ、技術開発に取り組んでほしいものです!

 

日本経済新聞:「危険を知らせる音をステアリングホイールに色で表示。左に車線変更をするとき、他車がいなければブルーが表示される(写真:現代自動車)」

日本経済新聞:「他車が警笛を鳴らした場合は赤色が表示される(写真:現代自動車)」


2019年

1月

21日

合理的配慮の例:(手話動画で展示解説...文化施設で実証実験)

YOMIURI ONLINE『手話動画で展示解説…文化施設で実証試験』

【YOMIURI ONLINE:手話動画で展示解説…文化施設で実証試験】

文化施設で聴覚障害者にとったバリアーとなるのは

音声解説や展示動画に字幕がないことがあげられます。

でも、最近はそのバリアフリーをなくそうという試みが

始まっているようです。

 

【YOMUURI ONLINE:手話動画で展示解説…文化施設で実証試験】

 https://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20190115-OYTNT50235.html

  (記事から一部引用)

視覚や聴覚に障害のある人にも文化施設などの展示を楽しんでもらう方法の研究が、筑波技術大(つくば市)で進められている。スマートフォンを利用した手話解説や手に触れて楽しめる立体模型などで、一部は実証試験も始まった。中心となって研究に取り組む生田目美紀教授(59)(感性科学)は「情報のバリアフリー(障壁なし)化を進めたい」と話している。

 

~中略~

 

生田目教授が2014年度に全国の科学博物館や動植物園、水族館485施設にアンケートを行ったところ、173施設から回答があり、展示物に関して視覚障害者に「特に配慮していない」との回答が4割超の75施設に上った。聴覚障害者に対しては6割近い97施設が配慮していなかった。

 

生田目教授は「聴覚・視覚障害者は博物館や美術館などを訪れても、十分な情報を受け取れないことが多い。

そのため、『行っても意味がない』と足が遠のいてしまっている」と話す。

 

文化施設の6割近くが、聴覚障害者に配慮していないとは、「聞こえなくても見ればわかるから」という考えがあるのでしょうか。

しかし、音声解説や展示動画など、情報バリアはあるのです。

 


2019年

1月

16日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映 『ニセコイ』

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

『ニセコイ』

 http://nisekoi-movie.jp/

 

(ストーリー)

週刊少年ジャンプで連載された、人気ラブコメ漫画「ニセコイ」が実写映画化。

極道組織「集英組」組長のひとり息子である一条楽は、

勉強ひと筋でケンカが嫌いなごく普通の男子高校生。

しかし、平凡な幸せを望む彼には、忘れられない初恋があった。

幼い頃に出会った女の子と、将来再会したら結婚することを誓い合い、彼女は「鍵」、自分は「錠」のペンダントを

肌身離さず持っていようと約束したのだ。

ある朝、楽は登校中に門を飛び越えてきた転校生の女子・桐崎

千棘から飛び蹴りをくらう。

アメリカのギャング組織のひとり娘である彼女は暴力的で

口が悪く、楽との相性は最悪だった。

そんな2人が、親の組織同士の抗争を止めるため、強制的に

恋人のフリをすることになってしまう・・・

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間:1月20日(日)~13日(水) 19:00~

 

 【イオンシネマ鈴鹿HP】

 http://www.aeoncinema.com/cinema/suzuka/

監 督:河合勇人
原 作:古味直志
脚 本:小山正太
      杉原憲明
企画プロデュース:
      平野隆
キャスト:
      中島健人
      中条あやみ
      池間夏海
      島崎遥香
      岸優太

 

配 給:東宝

上映時間:117分


2019年

1月

10日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映 『来る』※映倫区分  PG12

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

『来る』

 http://kuru-movie.jp/

 

(ストーリー)

第22回日本ホラー大賞で大賞に輝いた澤村伊智のホラー小説「ぼぎわんが、来る」が映画化されました。

恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る

田原秀樹の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に

「知紗さんの件で」との伝言を残していく。

知紗とは妊娠した香奈が名づけたばかりの娘の名前で、

来訪者がその名を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。

そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が

謎の死を遂げる。

それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、

不安になった秀樹は知人から強い霊感を持つ真琴を紹介して

もらう。

得体の知れぬ強大な力を感じた真琴は、迫り来る謎の存在に

カタをつけるため、国内一の霊媒師で真琴の姉・琴子を

はじめ、全国から猛者たちを次々と呼び集めるが・・・

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間:1月13日(日)、14日(月) 18:50~

           1月15日(火)16日(火) 16:30~

 

 【イオンシネマ鈴鹿HP】

 http://www.aeoncinema.com/cinema/suzuka/

監 督:中島哲也
原 作:澤村伊智
脚 本:中島哲也
      岩井秀人
      門間宣裕
キャスト:
      岡田准一
      黒木華
      小松菜奈
      松たか子
      妻夫木聡

 

配 給:東宝

上映時間:134分

映倫区分: PG12


 

三重県聴覚障害者支援センターの

部屋予約状況・事業計画

『手話を覚えてみよう』

手話動画

重要なお知らせ・募集中

心のバリアフリー事業及び交流 盲ろう者と交流しませんか?

『案内・申込み』(Word)

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成30年度スケジュール

字幕ボランティア日】

1/  8(火)13:00~16:00

1/16(水)13:00~16:00

【平成30年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成30年

  4/11(木)13:30~15:00

  5/10(木)13:30~15:00

  6/14(木)13:30~15:00

  7/12(木)13:30~15:00

  8/ 9 (木)13:30~15:00

  9/13(木)13:30~15:00

10/11(木)13:30~15:00

11/  8(木)13:30~15:00

12/13(木)13:30~15:00

●平成31年

 1/10(木)13:30~15:00

 2/14(木)13:30~15:00

 3/14(木)13:30~15:00 

【1月の相談日】

火曜日:1/8,15,22,29

木曜日:1/10,17,24,31

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp