※下記のお知らせをそれぞれ分類し、上部の「センターからのお知らせ」「みみより情報」「字幕上映(邦画

   等)」などに掲載しています。ぜひ、そちらもご覧ください。

2018年

5月

23日

センターからのお知らせ(多気町と協定を締結しました)

いのちを守るために『三重県(三重県聴覚障害者支援センター)が多気町と「災害時における聴覚障がい者の支援に関する協定』を締結しました!

写真提供:三重県子ども・福祉部 障がい福祉課

 

右:三重県 鈴木知事

左:多気町 久保町長

昨日5月22日、三重県(三重県聴覚障害者支援センター)は、

多気町と『災害時における避難行動要支援者(聴覚障がい者)の支援に関する協定』を締結しました。

協定締結式は、三重県庁3階(プレゼンテーションルーム)で

行われ、三重県鈴木知事、多気町久保町長、当センター長等が

出席しました。

 

その様子はNHK三重でも報道されています。

【NHK三重 NEWS WEB 県と多気町が聴覚障害者支援協定】

 http://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/3074882391.html

 

 平成25年4月に、本協定と同趣旨の協定を県内で初めて

 伊勢市と締結してから、現在、県(当センター)との

 協定市町は多気町で10市町になりました。

 

今後も、災害時の聴覚障害者への支援をスムーズに行えるよう、協定締結市町の増加に取り組んでいきます!

 


2018年

5月

22日

センターからのお知らせ(聴覚障害者への災害時における支援についてのリーフレットを発行)

いのちを守るために『きこえないんです ~災害時の支援について~』を発行

『きこえないんです ~災害時の支援について~』リーフレット表紙

「聞こえないんです~災害時の支援について~」リーフレット.pdf
PDFファイル 1.7 MB

「災害のとき聞こえない人をどう支援すればよいか ?」と 問い合わせがあります。

しかし、地域の人々に「聞こえないこと」についての

理解があれば、災害時だけでなく普段からともに

助け合うことは難しいことではありません。


聞こえないことや、聞こえない人がどんなことに困り、

どんな支援方法があるのかを知ってもらうために

この度、『きこえないんです ~災害時の支援について』

リーフレットを作成しました。

 

このリーフレットの内容は、

 ●届かなかった避難を呼びかける声
 ●聞こえなくて困ること
 ●避難所などでの 掲示・表示の工夫
 ●支援する人が分かるように
 ●コミュニケーションに使えるもの
 ●聴覚障害者とのコミュニケーション方法
 ●聴覚障害者を支援する もの
 ●手話単語!

 

リーフレットは、まずは当センターと『災害時における

聴覚障がい者の支援に関する協定』を締結した市町へ

配布する予定です。

また、当センターHPからもダウンロードできますので

ぜひご活用ください。

 


2018年

5月

18日

手話を覚えてみよう!( セントレア:中部国際空港)

 手話を覚えてみよう!(セントレア:中部国際空港)

今回の手話単語は、中部国際空港『セントレア』の手話です。

 

(手話表現)

①左手で「C」かたちを作る。

  意味:中部国際空港「Chubu Centrair International

     Airport」の頭文字「C」

②右手で親指・人差指・小指を立てた「飛行機」の手話を

 左手でつくった「C」のやや右から前方へ抜けるように出す。

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

5月

17日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映 『となりの怪物くん』

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

『となりの怪物くん』

 http://tona-kai.jp/

 

(ストーリー)

講談社「月刊デザート」で連載されたろびこ原作の

人気少女コミック「となりの怪物くん」が

ついに実写映画化されました。

 

イケメンで天才だが、予測不能な行動で周囲から怖がられる

超問題児の吉田春と、冷静かつ淡白なガリ勉の水谷雫。

高校入学直後に2人は隣同士の席になる。

不登校の春の自宅に雫がプリントを届けに行ったことを

きっかけに春は雫にすっかり懐いてしまう。

はじめは無関心だった雫も、春の純粋さに触れるうちに

少しずつ惹かれていく。

やがて2人の周囲には夏目、大島、ササヤンら個性豊かな友達

が増えたが、春のライバルであるヤマケンの登場によって

三角関係が起きてしまい・・・

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間:5月20日(日) 19:00~

           5月21日(月~23日(水) 19:10~

【イオンシネマ鈴鹿HP】

 http://www.aeoncinema.com/cinema/suzuka/

監 督:月川翔
原 作:ろびこ
脚 本:金子ありさ
製 作:市川南
共同製作:村田嘉邦
キャスト:
     菅田将暉
      土屋太鳳
      古川雄輝
      山田裕貴
      池田エライザ

 

配 給:東宝

上映時間:105分


2018年

5月

16日

センターからのお知らせ(要約筆記奉仕員のみなさまへ」)

要約筆記奉仕員が要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表(H30年度分)

要約筆記奉仕員のみなさま(重要)

 

三重県で要約筆記奉仕員が要約筆記者になるために
必要な講座の、平成30年度の予定が決まりました。
これまでの奉仕員の経験を活かし、
今後、要約筆記者として活動していただきますよう、
ぜひとも受講してください。

 

受講希望者は事前にセンターへお申込み下さい。

詳細は右の案内をごらんください。

 

H30年度スケジュール.pdf
PDFファイル 152.3 KB

 

三重県聴覚障害者支援センターの

部屋予約状況・事業計画

重要なお知らせ・募集中

平成30年度手話通訳者養成講座受講者募集!!

・受講者募集について

・案内ビラ(PDF)

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成30年度スケジュール

字幕ボランティア日】

 

5/16(水) 13:00~16:00

【平成30年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成30年

  4/11(木)13:30~15:00

  5/10(木)13:30~15:00

  6/14(木)13:30~15:00

  7/12(木)13:30~15:00

  8/ 9 (木)13:30~15:00

  9/13(木)13:30~15:00

10/11(木)13:30~15:00

11/  8(木)13:30~15:00

12/13(木)13:30~15:00

●平成31年

 1/10(木)13:30~15:00

 2/14(木)13:30~15:00

 3/14(木)13:30~15:00 

【5月の相談日】

火曜日:5/2,8,15,22,29

木曜日:5/10,17,24,31

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp

各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索