※下記のお知らせをそれぞれ分類し、上部の「センターからのお知らせ」「みみより情報」「字幕上映(邦画

   等)」などに掲載しています。ぜひ、そちらもご覧ください。

2020年

10月

15日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映 『星の子

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

星の子

   

(ストーリー)

子役から成長した芦田愛菜が

2014年公開の「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」以来の

実写映画主演を果たし、第157回芥川賞候補にもなった

今村夏子の同名小説を映画化。

大好きなお父さんとお母さんから

愛情たっぷりに育てられたちひろだが、

その両親は、病弱だった幼少期のちひろを治したという、

あやしい宗教に深い信仰を抱いていた。

中学3年になったちひろは、一目ぼれした新任の先生に、

夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしまう。

そして、そんな彼女の心を大きく揺さぶる事件が起き、

ちひろは家族とともに過ごす自分の世界を疑いはじめる。

監督は、「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣。

 

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間

   10月18日(日)~10月19日(月) 19:05~           

監 督 :大森立嗣

原 作 :今村夏子

脚 本 :大森立嗣     

       
キャスト:芦田愛菜

     岡田将生

     大友康平

     高良健吾                                

           

配 給 :東京テアトル、

     ヨアケ

上映時間:110分


2020年

10月

15日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映 『浅田家!

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

浅田家!

   

(ストーリー)

様々なシチュエーションでコスプレして撮影する

ユニークな家族写真で注目を集めた

写真家・浅田政志の実話をもとに、

二宮和也と妻夫木聡の共演、

「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督のメガホンで

描いた人間ドラマ。

4人家族の次男坊として育ち写真家になった

主人公・政志を二宮、やんちゃな弟をあたたかく見守る

兄・幸宏を妻夫木が演じ、家族の"愛の絆"や"過去と今"を

オリジナル要素を加えつつ描き出す。

浅田家の次男・政志は、父の影響で幼い頃から写真に

興味を持ち、やがて写真専門学校に進学。卒業制作の被写体に

家族を選び、浅田家の思い出のシーンを再現した写真で

学校長賞を受賞する。

卒業後しばらくはくすぶっていたものの、再び写真と

向き合うことを決意した政志が被写体に選んだのは、

やはり家族だった。

様々なシチュエーションを設定しては

家族でコスプレして撮影した写真で個展を開催し、

写真集も出版され、権威ある賞も受賞する。

プロの写真家として歩み始めた政志は、

全国の家族写真の撮影を引き受けるようになる。

しかし、2011年3月11日、東日本大震災が発生。

かつて撮影した東北に住む家族のことが心配になった政志は

被災地に足を運ぶが、そこで家や家族を失った人々の姿を

目の当たりにする。

 

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間

   10月17日(土)~10月20日(火) 19:05~           

監 督 :中野量太

原 案 :浅田政志

脚 本 :中野量太

     菅野友恵

        
キャスト:二宮和也

     妻夫木聡

     黒木 華

     菅田将暉                           

           

配 給 :東宝

上映時間:127分


2020年

10月

06日

センターからのお知らせ(センターだより10月号)

センターだより2020年10月号(№95)ができました!

すごしやすい季節になりましたね。

みなさま、いかがお過ごしですか?

 

さて、今月のセンターだより。

ぜひご覧ください!

 

(今号の内容)◇表面◆裏面

◇『センター長のコラム』第2回

◇三重県障がい者相談員研修会に参加!

◇手話通訳者養成講座(津会場)が開講!

◇センターまつり中止のおしらせ

◇補聴器用の電池を寄贈いただきました

◆字幕映像ライブラリー 今回のおすすめ作品

 『今から始めましょう~聴覚障害者の防災~

 『災害がおきたとき みんなで支えあうために

 『南海トラフ巨大地震~地震から命を守る~

 

ぜひ、ごらんくださいませ。

 

みえセンター便り 2020年10月号
センター便り-0095.pdf
PDFファイル 954.8 KB

2020年

9月

30日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映 『思い、思われ、ふり、ふられ(アニメ版)

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

思い、思われ、ふり、ふられ(アニメ版)

   

(ストーリー)

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の

漫画家・咲坂伊緒による青春恋愛コミックを

アニメーション化。

偶然出会ったタイプの全く違う朱里と由奈。

朱里の義理の弟の理央と由奈の幼なじみの和臣。

4人は同じマンションに住み、同じ学校に通う高校1年生だ。

由奈は理央に憧れ、理央は朱里に言えない思いを抱き、

朱里は秘密を抱え、和臣はある秘密を目撃してしまう。

それぞれの思いが複雑に絡み合い、

相手を思えば思うほどにすれ違っていき……。

監督はテレビアニメ「舟を編む」を手がけた黒柳トシマサ。

脚本に「ヒロイン失格」の吉田恵里香。

アニメーション制作はA-1 Picturesが担当。

声の出演は潘めぐみ、島崎信長、斉藤壮馬という

人気声優陣と、新人の鈴木毬花。

実写映画版「思い、思われ、ふり、ふられ」キャストの

浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二も

文化祭に来ている男女生徒役などで

声優としてカメオ出演している。

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間

   10月3日(土)~10月6日(火) 9:30~           

監 督 :黒柳トシマサ

原 作 :咲坂伊緒

脚 本 :吉田恵里香

        
キャスト:島崎信長

     斉藤壮馬

     潘 めぐみ

     鈴木毬花                      

           

配 給 :東宝

上映時間:103分


2020年

9月

25日

『全国高校生手話パフォーマンス甲子園』のお知らせ

第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園

 

『第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園』の

お知らせです。

 

今年度はWebでの開催です。

 

詳細は添付のチラシをご覧ください。

 

全国高校生手話パフォーマンス甲子園
チラシ.pdf
PDFファイル 1.3 MB

 

三重県聴覚障害者支援センターの

部屋予約状況・事業計画

重要なお知らせ

 

三重県】新型コロナウィルス感染症に関する相談窓口(聴覚障害者への対応)

感染症対策班

新型コロナウイルス感染症に  ついてのご相談等(個人の方)

新型コロナウイルス感染症相談用紙 

 

新型コロナウイルス感染症にともない延期となっていた講座の再開について 

※いずれも昨年度から継続開催の

 講座です

手話通訳者養成講座

 7月4日(土)再開

●要約筆記者養成講座

 8月1日(土)再開

●盲ろう者通訳・介助員養成講座

 7月4日(土)再開 

『手話を覚えてみよう』

手話動画

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

字幕ボランティア日】

毎月2~3回 活動しています!

【令和2年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●令和2年

  4/9、5/146/11  

    ※4/9、5/14、6/11の教室は

      新型コロナウイルスの

      感染が拡大している状況を

      鑑み中止といたします。 

  7/9(木)、8/13(木)

  9/10(木)、10/8(木)   

  11/12(木)、12/10(木)

 🕒時間はいずれも

    13:30~15:00

【相談日】

毎月火曜日、木曜日

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈相談予約利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp