※下記のお知らせをそれぞれ分類し、上部の「センターからのお知らせ」「みみより情報」「字幕上映(邦画

   等)」などに掲載しています。ぜひ、そちらもご覧ください。

2017年

4月

26日

合理的配慮の例:兵庫県明石市「筆談入門ガイド」

兵庫県明石市が「筆談入門ガイド」を作成し、公開しています!

聴覚障害者への合理的配慮の一例に筆談があげられますが、だからといって単に文章を書けばいいというものではありません。

分かりやすく、簡潔に書くことが求められます。

兵庫県明石市では『筆談入門ガイド』を作成し、

市のホームページで公開されています。

 

筆談のポイントとして10箇条をあげています。

(例)

 ・短文、簡潔に

 ・具体的な日時を示す

 ・適度に漢字を使う

 ・二重否定を肯定に etc・・・

 

具体的な文例もあげられており、分かりやすくなっています。

下記のリンクからごらんください。また、筆談入門ガイドもダウンロードすることができます。

【筆談入門ガイドができました/明石市】

 https://www.city.akashi.lg.jp/fukushi/fu_soumu_ka/sabetsu/hitsudangauide.html

 

 

「筆談入門ガイド」の1ページ


2017年

4月

25日

みみより情報:聴覚障害者も「ノレる」スピーカー

聴覚障害者もノレるスピーカーが工業製品のデザインを競うアジア大会で最優秀賞!

聴覚障害者は聞こえないから音楽を楽しめないというイメージがありますが、そんなことはありません。

聴覚障害者も音楽を楽しんだり、ダンスパフォーマーをしている方も多いのです。

 

今回、面白いニュースが飛び込みました。

 

【朝日新聞デジタル:聴覚障害者もノレるスピーカー アジア大会で最優秀賞】

 

音の振動を利用して音楽を楽しめるスピーカーを九州大の大学院生3人がデザインした。「聴覚障害者も体全体で音楽を感じてもらえれば」というアイデアの独自性が評価され、工業製品のデザインを競うアジア大会で最優秀賞に輝いた。
(中略)
大会の課題は「オーディオ技術」。デザインを考えるにあたって、3人はまず、すべての人が音楽を楽しめているのだろうかと話し合い、聴覚障害者に行き当たった。そして、耳で音を聴く代わりに振動で音楽が楽しめる台座型のスピーカーをデザインした。
 無線通信で音楽をスピーカーに伝えるとモーターが作動し、利用者が腰掛けたときに接する面が同心円状に波打ち始める。音の強弱を波の高さ、高低を円の中心から外への広がり具合、長さを波の継続時間で表現し、触覚で音楽を感じとってもらう仕組みだ。

 

なかなかおもしろそうですね。

下記のリンクにこの製品を紹介した動画もありますので、ごらんください。

【朝日新聞デジタル ホームページ】

http://www.asahi.com/articles/ASK444TZ9K44TIPE013.html

 

「朝日新聞デジタルホームページ」聴覚障害者もノレるスピーカーの紹介記事

「朝日新聞デジタルホームページ」聴覚障害者もノレるスピーカーの紹介動画の一場面


2017年

4月

24日

みみより情報:津市:要約筆記体験教室の参加者募集

津市が『要約筆記体験教室』を開催します!

津市が今年も要約筆記体験教室を開催します。

 

なお、この要約筆記体験教室は「津市聴覚障がい者支援実行委員会」の受託事業です。

当センター登録団体の津市難聴・中途失聴者の会「きらら」「三重要約筆記サークル「津あみ~ご」「三重パソコン要約筆記サークルことのはが運営に協力しています。

 

【津市要約筆記者体験教室

 

●日程・会場:

  ▶津市南が丘会館

    2017年6月3日(土) 13:00~16:30
  ▶津市河芸庁舎

    2017年6月4日(日) 13:00~16:30
●対象:

  津市在住・在勤・在学で18歳以上の方
●参加費・定員数:

  無料 各会場15名
●申込み締切:

  5月22日必着

 

お申込みは 津市障がい福祉課となっています。

お近くの支所からも申し込みができるそうです。

 

案内書や申込書などは右からごらんください。

 

H29要約筆記体験教室ポスター03.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 491.1 KB
申込用紙.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 335.9 KB

2017年

4月

21日

センターからのお知らせ(三重県要約筆記者養成講座 受講者募集)

『三重県要約筆記者養成講座 受講者募集』のお知らせです!

聴覚障害者は全員、手話ができるわけではありません。

厚労省の調査では、聴覚障害者の中で手話を使う人の割合は18%程度だそうです。

 

要約筆記とは、聞こえない・聞こえにくい人のために、話し言葉をその場で文字にして伝える通訳です。

手話でのやり取りを必要としている人には手話通訳を、日本語でのやり取りが必要な人には要約筆記が必要です。

 

その要約筆記者を養成する『三重県要約筆記者養成講座』の受講者を募集しています。
 講座は、「手書きコース」「パソコンコース」と2コースに分かれており、各コースとも募集定員は15名です。
応募締め切りは、6月22日(木)必着です。

 

詳細は右の「応募用紙」をごらんください。

多数のお申込みをお待ちしています!

 

H29要約筆記者養成講座 受講申込書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 180.2 KB
H29要約筆記者養成講座 受講申込書.docx
Microsoftワード文書 36.2 KB

2017年

4月

20日

合理的配慮の例(『みえる電話』入力発話機能を追加!モニター募集再開!)

NTTドコモが『みえる電話 』が『入力発話機能』を追加し、モニター募集中!

「入力発話機能」追加

あんしんポイントに、「入力発話機能」の説明も

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が、「みえる電話」のトライアルサービス(モニター)を昨年10月に募集していたことはお知らせしたかと思います。

この度、みえる電話に新しく、「文字を入力して相手に音声で伝える機能」(入力発話機能)が追加されました!

 

【みえる電話 トライアルサービス中!】

http://mieru-denwa.idc.nttdocomo.co.jp/index.html

『みえる電話』とは、通話相手の言葉をリアルタイムに文字に変換してスマートフォン画面に表示するサービスです。

今回、文字を入力して相手に音声で伝える機能を使うことで、自身の声で話すのが難しい方にも便利にご利用いただけます。


●トライアルモニター募集期間
   2017年4月3日(月)から再開
●モニター対象者
  ドコモのFOMA/Xi契約があり、スマートフォンもしく

  はタブレットをご利用中で、アンケートに回答を頂ける

  方
 ※データプランのみ契約の方は除きます

 

これで、声をだすことが難しい方も、電話を利用することができそうですね。。

詳しくは下記からごらんください。

 

【みえる電話 モニター募集要項】

http://mieru-denwa.idc.nttdocomo.co.jp/entry.html


 

三重県聴覚障害者支援センターの

部屋予約状況・事業計画

重要なお知らせ・募集中

H29年度要約筆記者養成講座

受講生募集中です!

・養成講座案内(PDF)

・養成受講申込書(Word)

H29年度手話通訳者養成講座

受講生募集中です!

・養成講座案内(PDF)

・養成講座案内(Word)

H29年度盲ろう者通訳・介助員養成講座 受講生募集中です!

・養成講座案内(PDF)

・養成講座案内(Word)

【4月の字幕ボランティア日】  ※字幕ボラ常時募集中 

4/ 4 (水)13:00~16:00

4/19(水)13:00~16:00

4/25(火)13:00~16:00

【平成29年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成29年

 4/13(木)13:30~15:00

 5/11(木)13:30~15:00

 6/  8(木)13:30~15:00

 7/13(木)13:30~15:00

 8/10(木)13:30~15:00

 9/14(木)13:30~15:00

10/12(木)13:30~15:00

11/  9(木)13:30~15:00

12/14(木)13:30~15:00

●平成30年

 1/11(木)13:30~15:00

 2/  8(木)13:30~15:00

 3/  8(木)13:30~15:00 

【4月の相談日】

火曜日:4/4,11,18,25

木曜日:4/6,13,20,27

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp

各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索