※下記のお知らせをそれぞれ分類し、上部の「センターからのお知らせ」「みみより情報」「字幕上映(邦画

   等)」などに掲載しています。ぜひ、そちらもご覧ください。

2018年

8月

21日

みみより情報(三重県障がい者スポーツ協会からのお知らせ)

 『三重県障がい者スポーツフェスティバル2018』の案内

三重県障がい者スポーツ協会から『三重県障がい者スポーツフェスティバル2018』のお知らせです。

 

【三重県障がい者スポーツフェスティバル2018】

 日 時:平成30年10月28日(日)12:15~16:00

                (受付11:30~)

 場 所:津市久居体育館(津市久居野村町877-1)

 参加対象者:障がい者スポーツに関心のある方

       体験してみたい方

 内 容:車いすフェンシングの競技観戦、選手との交流

     障がい者スポーツ体験

     陸上競技用車いす試乗、義足の歩行体験 等

 

 詳細やお申込みなど、 詳しくは右をごらんください。

 

三重県障がい者スポーツフェスティバル2018 案内.pdf
PDFファイル 3.2 MB
申込書.pdf
PDFファイル 105.1 KB

2018年

8月

20日

合理的配慮の例:(スマホの画面で110番 全国で導入へ 警察庁)

NHK NEWS WEB:「スマホの画面で110番 全国で導入へ 警察庁」

NHK NEWS WEB:「スマホの画面で110番 全国で導入へ 警察庁」

警察庁が聴覚障害者やDVやストーカーの被害者など、加害者が近くにいて声を出しにくいケースでの利用も想定し、スマホの画面で110番ができるアプリを来年度から全国へ導入するそうです。


【NHK NEWS WEB「スマホの画面で110番」】
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180819/k10011581981000.html
(記事より一部引用)

警察庁は、スマートフォンの画面に触れるだけで110番通報できる専用のアプリを来年度から全国の警察で導入することにしています。聴覚障害などがある人のほか、DV=ドメスティックバイオレンスやストーカーの被害者など、加害者が近くにいて声を出しにくいケースでの利用も想定しているということです。

警察庁によりますと、このアプリはスマートフォンの画面に触れるだけでその地域を管轄する警察本部の通信指令とつながり、「LINE」のようなチャット形式で警察官とやり取りすることができます。

東京都では警視庁により同様のアプリが導入されていますが、

聴覚障害者団体からの要望により、警察庁も全国に導入するようです。

 

どのようなシステムになるかはわかりませんが、聴覚障害者の緊急通報の問題の解決につながりそうですね。


2018年

8月

15日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映 『劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

『劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』

 http://www.pokemon-movie.jp/

 

(ストーリー)

医療や災害、事故現場での経験を通して、主人公たちの成長と絆の人間模様を描いた人気テレビドラマ『コード・ブルー』が映画化です。

舞台は17年に放送された3rdシーズンで描かれた

地下鉄トンネル崩落事故から3カ月後。

東京湾を運行していたフェリーが濃霧の影響で海ほたるに衝突し、さらに成田空港でも異変が生じる。

未曽有の連続大事故へ藍沢たちに出動要請が入り・・・

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間:8月19日(日) ~22日(水) 18:55~

 

 【イオンシネマ鈴鹿HP】

 http://www.aeoncinema.com/cinema/suzuka/

監 督:西浦正記
脚 本:安達奈緒子
プロデュース:
    増本淳
製 作:石原隆
      藤島ジュリーK.
キャスト:
      山下智久
      新垣結衣
      戸田恵梨香
      比嘉愛未
      浅利陽介

 

配 給:東宝

上映時間:127分


2018年

8月

14日

手話を覚えてみよう!( 訂正:名所・名物「赤福」)

 手話表現訂正:手話を覚えてみよう!(名所・名物:「赤福」)

先日、伊勢名物の「赤福」の手話表現を掲載しましたが、

地元のろう者の方から、「手話表現が違う」と指摘を受けました・・。

手話表現を訂正したものを改めて掲載します!

 

(手話表現)

①右手の人差し指を唇につける。

  意味:「赤」の手話

②左手の5指を横向きにし、右手の5指でその左掌の5指を

 右から左へ、上から下へと表を描くように引く。

  意味:昔、赤福の箱の中は1個ずつ仕切りがしてあったのだ

     そう。その仕切りの形からです。

 

手話表現は下の動画をごらんください。

赤福そして手話にも歴史があるんですねー。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

8月

09日

合理的配慮の例:(株式会社AOKIが「みえる通訳・手話サービス」を導入)

株式会社AOKI報道資料『多言語映像通訳「みえる通訳」にて手話サービスを8月8日(水)よりAOKI・ORIHICA全店舗にて運用開始』

(株)AOKI報道資料:お客様が安心・快適に買い物が出来る環境を提供するため多言語映像通訳「みえる通訳」にて手話サービスを8月8日(水)よりAOKI・ORIHICA全店舗にて運用開始

(株)AOKIが今日より、AOKI・ORIHICA全708店舗に

手話サービスを運用することを発表しました。


【(株)AOKI報道資料】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000011795.html
(報道資料から一部引用)

株式会社AOKI(代表取締役社長:中村宏明)は、株式会社テリロジーサービスウェア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木達)が提供している多言語映像通訳「みえる通訳」を2017年10月よりAOKI全店舗に導入し、この度新たに「手話通訳」が8月8日(水)よりAOKI・ORIHICA全708店舗にて利用可能となりました。

~中略)~

2018年8月8日(水)より全国のAOKI・ORIHICA

708店舗にて手話通訳の対応開始
※手話通訳のオペレーターは全員、手話通訳の有資格者

 

金融や交通の窓口場面での遠隔手話サービス導入が進んでいますが、販売場面での導入はAOKIが初めてのような気がします。AOKIで購入されるときは、ぜひ利用してみてはどうでしょうか?

 

しかし、「手話で対応します」のマーク、もしかすると全日本ろうあ連盟の手話マークからインスピレーションを得たのかな?


 

三重県聴覚障害者支援センターの

部屋予約状況・事業計画

『手話を覚えてみよう』

手話動画

重要なお知らせ・募集中

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成30年度スケジュール

字幕ボランティア日】

 

8/ 7(火) 13:00~16:00

【平成30年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成30年

  4/11(木)13:30~15:00

  5/10(木)13:30~15:00

  6/14(木)13:30~15:00

  7/12(木)13:30~15:00

  8/ 9 (木)13:30~15:00

  9/13(木)13:30~15:00

10/11(木)13:30~15:00

11/  8(木)13:30~15:00

12/13(木)13:30~15:00

●平成31年

 1/10(木)13:30~15:00

 2/14(木)13:30~15:00

 3/14(木)13:30~15:00 

【8月の相談日】

火曜日:8/7,14,21,28

木曜日:8/2,9,16,23,30

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp