みみより情報(総務省・厚労省「電話リレーサービスに関する論点整理骨子案」)

総務省・厚労省が『電話リレーサービスに関する論点整理骨子案』を発表

総務省と厚生労働省の「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」が、電話リレーサービスを公共インフラとする考えを骨子にまとめ、発表しました。

 

『電話リレーサービスに係るワーキンググループ(第5回)』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/digital_utilization/02kiban02_04000394.html

公開された資料(上記HPの下部にある「電話リレーサービスに関する論点整理骨子(案)」を読むと、

利用者数が約8万人、費用が年間で約40億円かかると

見込んでおり、7~8月に方向性を固めるようです。

 

電話リレー体制も、24時間365日受け付けられる体制を

目指し、可能なものから段階的に導入。

聞こえる人から聴覚障害者に電話(電話リレー)もでき、

利用料金は音声での通話と同じ水準にするという内容に

なりそうです。
  しかし、通訳にあたる人材の確保が最大の課題で、

手話通訳士らの養成や待遇改善について検討を進めることに

なっています。

 

なお、電話リレーサービスは手話通訳だけでなく、

文字通訳も含まれています。

これについても検討がなされていますが、ちょうどいいタイミング?で、世界ろう連盟と国際難聴者連盟が「電話リレーサービスおよび字幕サービスにおける音声自動認識」について、提言を発表しました。

 

『世界ろう連盟(WFD)と国際難聴者連盟(IFHOH)による共同声明電話リレーサービスおよび字幕サービスにおける音声自動認識 』

https://www.jfd.or.jp/trs/arc/448

「音声自動認識機能」で、電話リレーサービスのはまだ時期尚早、制度の高い翻訳や情報保障のためにはオペレーターの仲介がまだ必要という趣旨でした。


まあ、何にせよ、聴覚障害者にとって大きなバリアとなる

音声通信にも、いよいよバリアフリーが来るのでしょうか。

 

『電話リレーサービスに係るワーキンググループ(第5回)』


『手話を覚えてみよう』

手話動画

重要なお知らせ・募集中

新型コロナウイルス感染症にかかるセンター主催研修講座の中止について

 

以下の当センター主催の研修講座について中止を決定しました。
《中止を決定した研修》
●2月29日 

   盲ろう者通訳・介助員現任研修
●3月 7日 

 手話通訳者現任研修
●3月20日 

 災害支援サポーター研修講座

●4月9日

 難聴者向け手話教室

●4月12日

 盲ろう者通訳・介助員現任研修

 

《延期を決定した講座》

※いずれも昨年度から継続開催の

 講座です

●手話通訳者養成講座

 4月11日から実施予定分

●要約筆記者養成講座

 4月18日から実施予定分

●盲ろう者通訳・介助員養成講座

 5月31日から実施予定分

 

 

 

 

 

 

 

 

三重県:新型コロナウィルス感染症に関する相談窓口(聴覚障害者への対応)

・三重県感染症対策班

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・令和元年度スケジュール

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

字幕ボランティア日】

毎月2~3回 活動しています!

【令和2年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●令和2年

  4/9(木)  13:30~15:00

 ※4/9の教室は

      新型コロナウイルスの

      感染が拡大している状況を

      鑑み中止といたします。

  5/14(木)  13:30~15:00

  6/11(木)  13:30~15:00

  7/9(木)    13:30~15:00

  8/13(木)  13:30~15:00

  9/10(木)  13:30~15:00

  10/8(木)  13:30~15:00

  11/12(木)13:30~15:00

  12/10(木)13:30~15:00

【相談日】

毎月火曜日、木曜日

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談予約利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp