みみより情報(『新元号』、手話通訳者が誤訳?

Jcastニュース 『新元号、手話通訳が「誤訳」? 発表会見で「めいわ」と伝えるも...専門家「大きなトラブルでない」』

『新元号「令和」が発表された菅義偉官房長官の会見で、

隣の手話通訳者が「れいわ」を「めいわ」と誤訳したという

議論がネット界で起きているようです。

Jcastニュースにそれを取り上げた記事がありました。

 

『Jcastニュース:新元号、手話通訳が「誤訳」? 発表会見で「めいわ」と伝えるも...専門家「大きなトラブルでない」』

 https://www.j-cast.com/2019/04/02354260.html?p=all

 (記事から一部引用)

2019年4月1日午前に会見した菅氏は、新元号をまず口頭のみで「れいわ」と発表した。同時手話通訳者は五十音を表す手話3文字で伝えたが、1文字目は人差し指と親指の先をくっつけて丸をつくり、他3本の指を広げる表現。これは「め」を表していた。

 

   同時手話通訳が示した2・3文字目は「い」「わ」で、合わせると「めいわ」になったのだ。直後、菅氏は新元号「令和」の書が入った額を両手で持ち、正面に向けた。
   菅氏は会見中、出典が「万葉集」だと説明する時などに「令和」と何度か口にした。最初の1回以外、手話通訳の1文字目はカタカナの「レ」を作るように人差し指と親指を伸ばして上に向け、他3本の指は握る形。「れ」となっていた。

 

   最初の「れいわ」が手話通訳の上では「めいわ」となったことにツイッターではさまざまな意見が出た。以下のように、聞き間違えても仕方がないとするものや、読み仮名が極めて重要な意味を持つだけに「会見前に知らせておくべきだったのではないか」とするものだ。

 

記事の中で、全国手話研修センターの小出常務理事は

・『れ』と『め』は聞き分けづらい音。と突然聞いた時に

  間違えるのは止むを得ないし、現場では起こること。

・新元号の会見に出た手話通訳者はトップレベルの方。

 すぐに対応して『れいわ』に修正している。

 ずっと間違えていれば大きな問題になるが、すぐに

 修正すれば問題はない。
・事前に打ち合わせができればよかったが、新元号の閣議決定

 から会見まで一時間しかないスケジュール、そして会見開始

 が予定より10分程度遅れた状況で、事前打ち合わせができな

 かったのではないか

と、コメントしています。

 

この会見のとき、外国語通訳もとっさに訳せず、声が止まったとも聞いています。

「予測できない言葉」「普段使うことのない言葉」「今まで知らなかった言葉」は、まず外国語通訳(手話通訳含む)、要約筆記、そして私たちもとっさに何の言葉か聞き取れないはずなのです。

 

これが情報保障者・通訳者には、事前打ち合わせがとても重要であることの理解が、国や社会に進むきっかけになれば・・。

 

Jcastニュース:新元号、手話通訳が「誤訳」? 発表会見で「めいわ」と伝えるも...専門家「大きなトラブルでない」

『新元号「令和」の手話表現決まる』

※令和の手話表現についての討議の様子が放映されていました


『手話を覚えてみよう』

手話動画

重要なお知らせ・募集中

2019年度三重県手話通訳者養成講座 案内.pdf
PDFファイル 187.7 KB

2019年度三重県手話通訳者養成講座の受講生募集中!

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成30年度スケジュール

字幕ボランティア日】

4/22(月)13:00~16:00

2/26(金)13:00~16:00

【平成30年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●令和元年

  4/11(木)13:30~15:00

  5/ 9 (木)13:30~15:00

  6/12(木)13:30~15:00

  7/10(木)13:30~15:00

  8/ 8 (木)13:30~15:00

  9/12(木)13:30~15:00

10/10(木)13:30~15:00

11/14(木)13:30~15:00

12/12(木)13:30~15:00

●令和2年

 1/ 9 (木)13:30~15:00

 2/16(木)13:30~15:00

 3/12(木)13:30~15:00 

【4月の相談日】

火曜日:4/3,9,16,23

木曜日:4/4,11,18,25

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp