みみより情報(東京オリパラまでに、聴覚障害者の生きにくさは解消されるか)

藤沢 烈氏 『東京オリパラまでに、聴覚障害者の生きにくさは解消されるか』

電話リレー制度の構築に向け、総務省が「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」を1月から設け、審議が進められています。

そのワーキングチームの構成員の一人である藤沢烈氏が

上記の件について書かれた記事がありました。

 

『藤沢烈氏:東京オリパラまでに、聴覚障害者の生きにくさは解消されるか』

 https://note.mu/retz/n/n728169b42ad2

 (記事から一部引用)

なお、事務局資料が公表されていて、このp16-18において、このワーキンググループでの検討事項がまとめられています。(一部紹介します)
電話リレーサービスに係るワーキンググループ事務局説明資料
http://www.soumu.go.jp/main_content/000596719.pdf

    ①提供の条件・費用負担等
    ・利用者の範囲(健聴者から聴覚障害者への通話、高齢者も

  含まれるか)
    ・利用使途(法人利用が踏まれるか、上限設定)
    ・利用料金
    ・実施体制
    ・需要と費用の予測
    ・費用の負担のあり方
    ②オペレーターとなり得る通訳者の要件等
    ③そのほかの課題
    ・周知広報・認知度向上のあり方
    ・実現に必要となる制度整備

 

薬師寺議員のインタビューに、

今回、総理が「重大なインフラ」と位置づけ、「通信」を担当する総務省が所管となったことで、電話リレーサービスは「障害者のため」だけではなく「誰もが使える」サービスとして普及していくこととなります。具体的なロードマップはこれからですが、2020年東京オリンピック・パラリンピックの際には、一人でも多くの人に利用してもらえるように推進していきたいと考えています。

とあります。

 

聞こえない人と聞こえる人が双方使えるようにする(誰もが使える)という考え方こそが、電話リレーは「福祉」ではなく「重大なインフラ」と位置づける基幹的なものとなりますね!

 

2020は東京オリパラだけではなく、電話リレー制度も楽しみです!

 

藤沢烈氏:東京オリパラまでに、聴覚障害者の生きにくさは解消されるか』


『手話を覚えてみよう』

手話動画

重要なお知らせ・募集中

平成30年度災害支援サポーター研修講座

『案内・申込み』(pdf)

2019.3.17 案内ビラ(盲ろう者と交流しませんか?).docx
Microsoft Word 18.0 KB

心のバリアフリー事業及び交流 盲ろう者と交流しませんか?

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成30年度スケジュール

字幕ボランティア日】

2/  4(月)13:00~16:00

2/20(水)13:00~16:00

【平成30年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成30年

  4/11(木)13:30~15:00

  5/10(木)13:30~15:00

  6/14(木)13:30~15:00

  7/12(木)13:30~15:00

  8/ 9 (木)13:30~15:00

  9/13(木)13:30~15:00

10/11(木)13:30~15:00

11/  8(木)13:30~15:00

12/13(木)13:30~15:00

●平成31年

 1/10(木)13:30~15:00

 2/14(木)13:30~15:00

 3/14(木)13:30~15:00 

【1月の相談日】

火曜日:1/8,15,22,29

木曜日:1/10,17,24,31

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp