みみより情報(NHK 強制不妊 聴覚障害者の初の裁判)

『NHK兵庫ニュース 強制不妊 聴覚障害者の初の裁判

旧優生保護法による不妊手術を強制的に受けさせられたのは

憲法違反であると、聴覚障害のある兵庫県内の夫婦2組が

国を相手に訴訟しました。

その第1回口頭弁論が、今日26日、神戸地裁で行われたそうです。

 

【NHK兵庫 強制不妊 聴覚障害者の初の裁判】

 https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20181226/2020002703.html    

(一部引用)

旧優生保護法のもと手術を強制されたとして、

聴覚に障害のある人が初めて国に謝罪と賠償を求めた裁判が

神戸地方裁判所で始まり、原告が「悲しみは今も続いている」と

訴えたのに対して、国は争う姿勢を示しました。
~中略~
聴覚障害者で作る「全日本ろうあ連盟」は、同意のないまま

不妊手術や中絶手術、それに男性の断種手術を受けた可能性が

ある聴覚障害者は、先月末時点で全国で131人に上るという

調査結果をまとめています。
このうち兵庫県は14人に上り、静岡県、大阪府に次いで

多くなっています。

今日は、当センターのボランティア室を借りて

三重ろう協主催の「聴覚障害児ウィンタースクール」が

開催されました。

たくさん集まった聞こえないお子さんが幸せそうに

みんなでワイワイとやり取りをしている様子を見ると、

かつて強制不妊手術を受けさせられた悲劇を繰り返しては

ならないと思うのです。

 


重要なお知らせ

 

三重県】新型コロナウィルス感染症に関する相談窓口(聴覚障害者への対応)

感染症対策班

新型コロナウイルス感染症に  ついてのご相談等(個人の方)

新型コロナウイルス感染症相談用紙 

 

新型コロナウイルス感染症にともない延期となっていた講座の再開について 

※いずれも昨年度から継続開催の

 講座です

手話通訳者養成講座

 7月4日(土)再開

●要約筆記者養成講座

 8月1日(土)再開

●盲ろう者通訳・介助員養成講座

 7月4日(土)再開 

『手話を覚えてみよう』

手話動画

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

字幕ボランティア日】

毎月2~3回 活動しています!

【令和2年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●令和2年

  4/9、5/146/11  

    ※4/9、5/14、6/11の教室は

      新型コロナウイルスの

      感染が拡大している状況を

      鑑み中止といたします。 

  7/9(木)、8/13(木)

  9/10(木)、10/8(木)   

  11/12(木)、12/10(木)

 🕒時間はいずれも

    13:30~15:00

【相談日】

毎月火曜日、木曜日

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈相談予約利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp