みみより情報(毎日新聞:障害とともに~難聴のある弁護士)

毎日新聞『記者のこだわり 障害とともに~難聴のある弁護士』

毎日新聞:記者のこだわり 障害とともに~難聴のある弁護士~

毎日新聞に、難聴のある弁護士が、UDトークアプリを使いながら、裁判や会議など仕事をこなす様子や、そこに至るまでの葛藤が取り上げられています。

 

【毎日新聞:障害とともに~難聴のある弁護士】

  https://mainichi.jp/articles/20181215/k00/00m/040/

(一部引用)

「当職は、両耳高度感音性難聴のため、聴覚障害を補う機器を使用することを許可願います」。裁判が開かれる数日前、久保さんは地裁に申請し、許可を受けた。スマホで使っていたのは、音声認識アプリ「UDトーク」。音を聞き取り、即座に字幕を作成できるこのアプリを活用することで、仕事でも日常会話でも、スムーズなコミュニケーションを行うことができている。法廷でも3年前からアプリを使っており、「やり取りがすごく楽になりました」と語る。

 

UDトークやスカイプ等、IT技術の進歩は聴覚障害者のコミュニケーションを支えてくれるでしょう。

でも、さらに大切なことがあります。

この記事の中に重要な言葉がありました。

(一部引用)

 西尾さんは、どのように久保さんに接したのか。特に助かったのは、「たわいのない情報を届けてくれた」ことだ。「ボスは何かの作業に集中しているみたいだから、今は話しかけない方がよさそうだよ」「事務所の中でこんな話題で盛り上がっているよ」。西尾さんは事務所内で起こっていることを細やかに雑談交じりで伝えた。

 久保さんが情報を得ようとする時は、アプリを使ったり、マイクを向けたりして意図的に収集する必要がある。ただ、人が得ている情報は、聞こうとしている情報ばかりではない。雑談や物音など、意識せずに聞こえてくる音から得る情報も多い。
 何気ない事務所内の情報を得ることで、人間関係や事務所内の雰囲気も理解することができた。

 

意識せずに聞こえてくる音や話し声から得る情報は

ものすごく大きいと思います。

言葉でのやり取りを文や手話に変えれば、それでコミュニケーション支援となるものではありません。

コミュニケーションは、人間関係やその場の雰囲気も

含んでいるのです。


『手話を覚えてみよう』

手話動画

重要なお知らせ・募集中

平成30年度災害支援サポーター研修講座

『案内・申込み』(pdf)

2019.3.17 案内ビラ(盲ろう者と交流しませんか?).docx
Microsoft Word 18.0 KB

心のバリアフリー事業及び交流 盲ろう者と交流しませんか?

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成30年度スケジュール

字幕ボランティア日】

2/  4(月)13:00~16:00

2/20(水)13:00~16:00

【平成30年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成30年

  4/11(木)13:30~15:00

  5/10(木)13:30~15:00

  6/14(木)13:30~15:00

  7/12(木)13:30~15:00

  8/ 9 (木)13:30~15:00

  9/13(木)13:30~15:00

10/11(木)13:30~15:00

11/  8(木)13:30~15:00

12/13(木)13:30~15:00

●平成31年

 1/10(木)13:30~15:00

 2/14(木)13:30~15:00

 3/14(木)13:30~15:00 

【1月の相談日】

火曜日:1/8,15,22,29

木曜日:1/10,17,24,31

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp