合理的配慮の例:(東京新聞:「宿泊の壁」なくそう 東京五輪 バリアフリー化急務)

東京新聞:『宿泊の壁」なくそう 東京五輪 バリアフリー化急務』

東京新聞:「宿泊の壁」なくそう 東京五輪 バリアフリー化急務

京王プラザホテル:聞こえにくい方、聾・難聴の方へ

2020東京オリパラが近づき、建物や街などバリアフリー環境づくりが進んでいると感じます。

しかし、世界各国からの参加者やお客様をお迎えする「宿泊」のところではまだまだバリアフリーが進んでいないという懸念が出ました。

 

【東京新聞:「宿泊の壁」なくそう 東京五輪 バリアフリー化急務】

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011602000125.html
(記事から一部引用)

2020年東京五輪・パラリンピックの準備が進む中、「日本のホテルはバリアフリー対応の客室が少ない」と、国際パラリンピック委員会(IPC)から懸念の声が出ている。車いす利用者らには特に、客室に多いユニットバスが使いづらいという。国は現在、国内のバリアフリーの客室数を調査中で、客室の設置基準の見直しも始めた。(石井紀代美)

~中略~
浴槽や段差を取り除くには大規模な改修を要する。都内の主要ホテルなどが加盟する日本ホテル協会の担当者は「投資を伴う大改修はハードルが高い。バリアフリー対応の客室は会員ホテルでも各一~二室しかないのではないか。広めの客室で、できることをやっていくしかない」と話す。

 〇六年施行のバリアフリー法が、バリアフリー客室が増えない一因との指摘もある。

~中略~
 国土交通省の担当者は、バリアフリー客室の基準などについて「見直しの必要性を感じており、改修を下支えする補助制度も検討している。大会には間に合わないかもしれないが、バリアフリー化の機運を高めたい」と語る。

 

なお、この記事の最後の方に、いち早く客室のバリアフリーに取り組んできた京王プラザホテルの取り組みも紹介されています。

その取り組みには、聴覚障害者用の配慮もありますので、ぜひごらんください。

ホテルのフロント応対に遠隔手話通訳サービスがあるのはさすがですね!

【京王プラザホテル:聞こえにくい方、聾・難聴の方へ】

  http://www.keioplaza.co.jp/guide/universal

  /universal02.html


重要なお知らせ

 

三重県】新型コロナウィルス感染症に関する相談窓口(聴覚障害者への対応)

感染症対策班

新型コロナウイルス感染症に  ついてのご相談等(個人の方)

新型コロナウイルス感染症相談用紙 

 

新型コロナウイルス感染症にかかるセンター主催研修講座の中止について 

以下の当センター主催の研修講座について中止を決定しました。

 

《中止を決定した研修》
●2月29日 

   盲ろう者通訳・介助員現任研修
●3月7日 

 手話通訳者現任研修
●3月20日 

 災害支援サポーター研修講座

●4月9日

 難聴者向け手話教室

●4月12日

 盲ろう者通訳・介助員現任研修

●5月14日

 難聴者向け手話教室

●6月11日

 難聴者向け手話教室

 

《延期を決定した講座》

※いずれも昨年度から継続開催の

 講座です

手話通訳者養成講座

 4月11日から実施予定分

●要約筆記者養成講座

 4月18日から実施予定分

●盲ろう者通訳・介助員養成講座

 5月31日から実施予定分 

『手話を覚えてみよう』

手話動画

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

字幕ボランティア日】

毎月2~3回 活動しています!

【令和2年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●令和2年

  4/9、5/146/11  

    ※4/9、5/14、6/11の教室は

      新型コロナウイルスの

      感染が拡大している状況を

      鑑み中止といたします。 

  7/9(木)、8/13(木)

  9/10(木)、10/8(木)   

  11/12(木)、12/10(木)

 🕒時間はいずれも

    13:30~15:00

【相談日】

毎月火曜日、木曜日

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談予約利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp