合理的配慮の例(毎日新聞:広島近鉄タクシー「運転手は難聴」伝え)

毎日新聞ニュースから『<タクシー>「運転手は難聴」伝え 車内に掲示』

毎日新聞ニュースに、難聴を持つ運転手の取り組みが掲載されていました。

【毎日新聞:<タクシー>「運転手は難聴」伝え 車内に掲示】

  https://news.biglobe.ne.jp/domestic

  /1029/mai_171029_2826525352.html

 

(一部引用)

「運転手は難聴です。大きい声でお願いします」。車に乗り込むと、そう書かれたプレートが真っ先に目に飛び込んできた。

広島近鉄タクシー(広島市南区)では難聴の運転手が6人在籍し、うち2人が身体障害者手帳を持つ。

利用客と円滑にコミュニケーションがとれるように運転手が難聴であることを6人が乗務する車の中に掲示して、行き先の聞き間違いなどのトラブルを防止しているという。

 

かつて、聴覚障害者は運転免許を取ることができませんでしたが、全日本ろうあ連盟が1968年に運転免許獲得運動を大規模に展開したことを契機に、1973年に補聴器装着を条件とした免許取得が認められることになりました。

そして、2006年には補聴器を装着しても聞こえない人には、車に「聴覚障害者標識」や「ワイドミラー」の装着をすることを条件に、免許取得が認められました。

 

そして、2016年にはタクシーやバスなどの運転に必要な「第二種免許」の取得にも門戸が開かれました。

今、第二種免許を取得した聴覚障害者が増えていますが、社会の理解がないと働き続けるのは大変です。

 

このニュースには、広島では社会や勤務会社の理解があることが表れていますね!

 

毎日新聞:<タクシー>「運転手は難聴」伝え 車内に掲示


重要なお知らせ・募集中

「聞こえないことで悩まないで」

・案内はこちらから

・申し込みフォームはこちらから

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成29年度スケジュール

【11月の字幕ボランティア日】  ※字幕ボラ常時募集中 

11/  7(火)13:00~16:00

11/15(水)13:00~16:00

11/28(火)13:00~16:00

【平成29年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成29年

 4/13(木)13:30~15:00

 5/11(木)13:30~15:00

 6/  8(木)13:30~15:00

 7/13(木)13:30~15:00

 8/10(木)13:30~15:00

 9/14(木)13:30~15:00

10/12(木)13:30~15:00

11/  9(木)13:30~15:00

12/14(木)13:30~15:00

●平成30年

 1/11(木)13:30~15:00

 2/  8(木)13:30~15:00

 3/  8(木)13:30~15:00 

【11月の相談日】

火曜日:11/7,14,21,28

木曜日:11/2,9,16,30

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp

各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索