2018年

11月

26日

センターからのお知らせ(第3回県民人権講座へ出展しました)

第3回県民人権講座にセンターブースを出展しました!

先日、11月24日(土)に、三重県人権センターで

『第3回県民人権講座 ~聴覚障がい者と聴導犬についての理解を深めるために~』が開催されました。
なお、参加者は160名近くだったそうです。

 

映画上映『架け橋 聞こえなかった3.11』、講演(聴覚障がい当事者お二人)、とメインとなる催し、

そして、アトリウムでは

 ●聴導犬のデモンストレーション

 ●福祉用具の展示、筆談ボードの作成体験

 ●パネル展示(聴導犬、聴覚障がい者スポーツ)

とパネル展示やブースが。

 

当センターからは、要約筆記者団体のご協力を得て、

福祉用具の展示や筆談ボードの作成体験を行いました。

参加者も聴覚障がい者支援機器は始めて見る方も多く、

呼び出しをフラッシュで知らせるフラッシュ機器や

振動目覚まし時計について質問が多かったそうです。

聞こえにくくなった高齢者の方にも役に立ちますものね。

 

聴導犬のデモンストレーションは立ち見も出るほど大人気!

しかし、日本聴導犬協会の方のお話では、

三重県に聴導犬ユーザーはまだゼロとのこと・・・。

興味を持たれた方はぜひお問い合せを!

 

さて、当日のブース出展状況は下のスナップショットをごらん下さい!

なお、三重テレビさんの取材があったので、後日にニュースで取り上げられるかも!

 

当センターのブース


2018年

11月

02日

センターからのお知らせ(盲ろう通訳・介助員養成講座「移動介助実習」)

近鉄様とアスト津様のご協力をいただき、「移動介助実習」を行いました!

三重県盲ろう者通訳・介助員養成講座も、残すところあと3回のみになりました。

 

先日、近畿日本鉄道様とアストプラザ様のご協力を

いただき、電車の乗降とエスカレーターの昇降訓練を

行いました。

切符の購入、改札通過、電車乗降等、安全に

移動支援ができるよう繰り返し練習を行いました。

 

いよいよ講座もあと3回です。
最終日はレストランへ行き、

食事介助の訓練を受けます。

 

みなさま、お疲れさまでした。
 


2018年

10月

09日

センターからのお知らせ(第7回センターまつり無事終了)

センターまつりは大盛況のうちに終わりました!

昨日10月8日(月・祝)に、三重県社会福祉会館3F講堂で開催した

第7回センターまつりは大盛況のうちに終了しました!
参加者は130名近くでした。

 

「聴覚障害の啓発」「障がい者スポーツ」を今年のテーマとし、

午前は、フランス映画の『エール!』を上映。

やはり、何回見てもラストは感動的です!ウルウルされてる方がチラホラ。

 

午後は和田和代さんをお招きし、デフリンピックにバレー選手として参加された経験について講演。

かつては、参加費は全額自己負担だったが、今は国の支援もあり、選手の負担軽減また競技環境は良くなってきている。

しかし、まだデフリンピックの知名度が低い。2021とこわか国体・全障スポ大会で、バレー選手の掘り起こしを行い、盛り上げていけたら。

と、バレー愛を交えながら語っていただきました。

そして、三重ボッチャ協会から講師に来ていただき、参加者全員でボッチャ体験。

技術だけではなく、戦略も必要になるなど奥深さにビックリ!

 

団体交流・展示は、聴覚障害関係や支援団体関係などのブース。

今回は障がい者スポーツやデフリンピックの展示も行いました!みなさん入れ替わり立ちかわり、ごらんになっていました。
さて、当日の状況は下のスナップショットをごらん下さい!

 


2018年

9月

26日

センターからのお知らせ(心のバリアフリー教室及び交流事業)

心のバリアフリー教室及び交流事業『盲ろう者と交流しませんか?』

センターからのお知らせです。

 

来年1月に、アスト津にて心のバリアフリー教室及び交流事業を開催します。

 

ぜひ、盲ろう者が日常生活で困っていることや支援してほしいこと、また触手話について学んでみませんか?

 

●日 時   :2019年1月27日(日)13:00~15:30
●会 場   :アスト津3階 ミーティングルームA・B
●対 象 者 :県民、盲ろう者、三重県盲ろう者通訳・介助

      員等
●募集定員:20名
●参 加 料 :無料

 

参加を希望される方は、右の案内をダウンロードして当センターにFAXまたは郵便でお申し込みください。

また、下部のフォームに入力してのお申込みもできます!

 

 

2019.1.27 案内ビラ(盲ろう者と交流しませんか?).docx
Microsoft Word 18.0 KB

『盲ろう者と交流しませんか?』参加申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

2018年

9月

14日

センターからのお知らせ(第7回センターまつり)

『第7回センターまつり』を開催いたします!

センターからのお知らせです。

 10月8日(月・祝)に『第7回センターまつり』を
三重県社会福祉会館にて開催いたします。

 

昨年のセンターまつりは三重県手話言語条例がテーマでした。

今回は、2021年に三重とこわか大会を控えていることもあり、「障害者スポーツ」をテーマにしました。

 

聴覚障害の啓発映画『エール!』、そして

ろう者のオリンピック『デフリンピック』の講演や

ボッチャ体験教室など、お楽しみいただけると思います。

 

また、昨年度に続き、今年度も聞こえない人と聞こえる人も

ともに楽しめる「創作活動」「団体交流・活動」等も行います。

■第7回センターまつりの内容■
日時:2018年10月8日(月・祝)10:00~15:30
場所:三重県社会福祉会館 3F講堂

参加費:無料
内容:

 映画上映『エール!』

  フランスの田舎町に暮らすベリエ家は、高校生の長女ポーラ

以外の全員が聴覚障害者だったが、「家族はひとつ」を合い言

葉に明るく幸せな毎日だった。
ある日、ポーラは音楽教師からパリの音楽学校への進学を勧め

られる。
しかしポーラの歌声を聴くことのできない家族は、彼女の才能

を信じることができない。家族から猛反対を受けたポーラは進

学を諦めるが……。(聴覚障害者用字幕付、日本語吹替)

 

 講演『聴覚障害者のオリンピック「デフリンピック」』

   聴覚障害者のオリピックといわれる「デフリンピック」は

まだまだ知られていません。
デフリンピックへの出場は、聴覚障害者アスリートにとって

最大の誇りです。
障害当事者であるろう者自身が運営するろう者のための

国際的な競技会であり、参加者が国際手話によるコミュニ

ケーションで親睦を深められるところに、デフリンピックの

大きな特徴があります。

三重のデフリピアンの和田和代さんにデフリンピックや

聴覚障害バレーについて話していただきます。

 

【ボッチャ体験教室】

三重とこわか大会の競技の一つであるボッチャをぜひ体験して

みてください!

w 

他にも、【団体交流・活動】【デフリンピック】などあります。

詳しくはは右の案内ビラをごらんください。

ご参加をお待ちしております!

2018年度センターまつり.pdf
PDFファイル 952.2 KB

2018年

8月

14日

手話を覚えてみよう!( 訂正:名所・名物「赤福」)

 手話表現訂正:手話を覚えてみよう!(名所・名物:「赤福」)

先日、伊勢名物の「赤福」の手話表現を掲載しましたが、

地元のろう者の方から、「手話表現が違う」と指摘を受けました・・。

手話表現を訂正したものを改めて掲載します!

 

(手話表現)

①右手の人差し指を唇につける。

  意味:「赤」の手話

②左手の5指を横向きにし、右手の5指でその左掌の5指を

 右から左へ、上から下へと表を描くように引く。

  意味:昔、赤福の箱の中は1個ずつ仕切りがしてあったのだ

     そう。その仕切りの形からです。

 

手話表現は下の動画をごらんください。

赤福そして手話にも歴史があるんですねー。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

8月

07日

手話を覚えてみよう!( 名所・名物「赤福」)

 手話を覚えてみよう!(名所・名物:「赤福」)

今回の手話単語は、伊勢名物の「赤福」です。

最近、赤福餅に緑色や白色のあんなどを加えた

4色セット「いすず 野あそび餅」の新製品が話題ですね。

 

(手話表現)

①右手の人差し指を唇につける。

  意味:「赤」の手話

②左手の掌を上向きにし、右手の5指でその左掌の上部を

 波形を描くように、手前から体の方へ引く。

  意味:赤福の波形を作る実際の作業の様子

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

7月

30日

手話を覚えてみよう!( 三重県内市町:伊勢市)

 手話を覚えてみよう!(伊勢市)

今回の手話単語は、『伊勢市』の手話です。

 

(手話表現)

①両手の指を組み合わせる

  意味:「伊勢」の手話

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

7月

24日

手話を覚えてみよう!( スポーツ手話:ボッチャ)

 手話を覚えてみよう!(スポーツ手話:ボッチャ)

今回の手話単語は、スポーツ手話『ボッチャ』の手話です。

 

(手話表現)

①両手の掌を上に向け、5指を軽く曲げた左手に、

 右手を少し浮かせて弧を描くようにあてる。

  意味:ボッチャの競技の動きの様子

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

7月

19日

手話を覚えてみよう!( 三重県内市町:多気町)

 手話を覚えてみよう!(多気町)

今回の手話単語は、『多気町』の手話です。

 

(手話表現)

①右手の人差し指と中指を右頬に押し込むようにつける

  意味:「多気」の手話

②右手と左手の先を合わせ、右から左へ

 回転させるように動かす。

  意味:「町」の手話

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


センター便り№29(4月号)ができました」


センター便り№29(4月号)を発行しました!

ぜひ、ご覧いただき、ご意見などをいただければ幸いに存じます。

(下記のPDFファイルをダウンロードの上、ご覧ください)

センター便り 2015年度-No.29(4月号)
センター便り-0029.pdf
PDFファイル 591.1 KB

 

「統一試験合格者発表」

以下の統一試験の合格者の発表がありましたので

お知らせします。(詳細は右のファイルをクリックしてください)
  2014年度手話通訳者全国統一試験合格者
  2014年度全国統一要約筆記者認定試験合格者

「2015年度のセンター各事業の開催案内」

 

〈手話関係事業〉

◆手話通訳者現任研修◆

   第1回 2015年6月27日(土)

   第2回 2016年1月31日(日)

   第3回 2016年3月12日(土)

◆健康管理学習会◆ 

   2015年5月31日(日)

※社会福祉法人全国手話研修センター主催の通訳士・者研修◆

 ○手話通訳士現任研修(基礎研修および政見放送)

  第1回 群馬  2015年4月24日(金)~26日(日)

  第2回 京都  2015年5月15日(金)~17日(日)

  第3回 北海道 2015年6月 5日(金)~ 7日(日)

  第4回 熊本  2015年8月14日(金)~16日(日)

 ○手話通訳士現任研修○

  第1回 岩手 2015年 5月27日(水)~31日(日)

  第2回 山口 2015年 7月 8日(水)~12日(日)

  第3回 千葉 2015年10月21日(水)~25日(日)

  第4回 京都 2015年12月 9日(水)~13日(日)

 ○手話通訳者現任研修(手話通訳士試験対策)○

  第1回 香川 2015年 5月15日(金)~17日(日)

  第2回 青森 2015年 7月 3日(金)~ 5日(日)

  第3回 長野 2015年 8月 7日(金)~ 9日(日)

  第4回 京都 2015年 9月 7日(月)~ 9日(水)

 ○手話通訳者現任研修○

  第1回 京都 2015年 5月27日(水)~31日(日)

  第2回 愛知 2015年 7月 8日(水)~12日(日)  

  第3回 山形 2015年10月21日(水)~25日(日)  

  第4回 沖縄 2015年11月19日(木)~23日(月・祝)

 

〈要約筆記関係事業〉

 要約筆記関係の開催日時については、決まり次第改めてお知らせします。

 

防災セミナー 災害時の要援護者対策に



 ついて考える に参加しました」


 去る2月18日(水)、三重県伊勢庁舎4階 第401会議室において三重県南勢志摩地域活性化局主催の『防災セミナー「災害時の要援護者対策について考える」』が開催されました。会場には200名を超す参加者が来場、防災の関心度の高さを実感したセミナーとなりました。

「2015年度 三重県要約筆記者移行講座」

 

要約筆記奉仕員から要約筆記者に移行するために、受講が必要な講座です。

下記の16時間をすべて受講する必要があります。

2015年度が最終となりますので、移行を希望する方は必ず受講してください。

 

 ・  6月  7日(日)第13講(4h)

 ・  8月  1日(土)第14講(2h)

 ・11月  1日(日)第 6講(3h)

 ・12月  6日(日)第 9講(4h)

 ・12月19日(土)第 8講(3h)

 

申込み書は県登録者はセンターから送ります。

市町のみの登録者は、市町福祉課から送っていただくようにします。

その他の方は、センターまでお問合せ下さい。

 

「要約筆記を利用される方へ」

 

要約筆記には「全体投影」と「ノートテイク」があります。

要約筆記のことをもっと知っていただくため、説明資料を作成しました。

ぜひ、ご一読ください。

要約筆記「全体投影」
要約筆記(全体投影)の説明.pdf
PDFファイル 99.3 KB
要約筆記「ノートテイク」
要約筆記(ノートテイク)の説明.pdf
PDFファイル 75.8 KB


手話通訳、要約筆記って…なんだろう?

 ~派遣事業パンフレット」


手話通訳って?要約筆記って?その疑問にお答えする

パンフレットができました!

また、三重県内の手話通訳・要約筆記派遣事業を実施している

市町村もひと目でわかります。

ぜひ、下記のPDFファイルからご覧ください。


派遣事業実施市町パンフレット2014.pdf
PDFファイル 613.2 KB

 

センターのパンフレット更新しました!」

 

 センターのパンフレットを一新しました。

センターの部屋配置の公開や事業の内容などを簡単にご紹介しています。

 センターにも常備していますので、ご来局の時はぜひ手にとって見てください。

また、下記のPDFファイルからもご覧になれます。

 

Newパンフレット(A4版)
20140430パンフレット(QR、相談日、写真あり).pdf
PDFファイル 1'014.7 KB

「要約筆記者養成テキスト(生労働省カリキュラム準拠)訂正

要約筆記者養成テキストの第1版と第2版に訂正がありました。

 詳細は下記のPDFファイル「要約筆記者養成テキスト正誤表」をご覧ください。

要約筆記者養成テキスト正誤表.pdf
PDFファイル 168.9 KB



「パッチワーク作品の寄贈を

 頂きました」


20144月1日でセンター開設2周年を迎えまし  た。一般社団法人三重県聴覚障害者協会女性部たちから、パッチワークで作ったチラシ入れホルダーをいただきました。本当にありがとうございます。

受付に展示していますので、是非来所の際はご覧ください。

『手話を覚えてみよう』

手話動画

重要なお知らせ・募集中

心のバリアフリー事業及び交流 盲ろう者と交流しませんか?

『案内・申込み』(Word)

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成30年度スケジュール

字幕ボランティア日】

1/  8(火)13:00~16:00

1/16(水)13:00~16:00

【平成30年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成30年

  4/11(木)13:30~15:00

  5/10(木)13:30~15:00

  6/14(木)13:30~15:00

  7/12(木)13:30~15:00

  8/ 9 (木)13:30~15:00

  9/13(木)13:30~15:00

10/11(木)13:30~15:00

11/  8(木)13:30~15:00

12/13(木)13:30~15:00

●平成31年

 1/10(木)13:30~15:00

 2/14(木)13:30~15:00

 3/14(木)13:30~15:00 

【1月の相談日】

火曜日:1/8,15,22,29

木曜日:1/10,17,24,31

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp