2018年

7月

19日

手話を覚えてみよう!( 三重県内市町:多気町)

 手話を覚えてみよう!(多気町)

今回の手話単語は、『多気町』の手話です。

 

(手話表現)

①右手の人差し指と中指を右頬に押し込むようにつける

  意味:「多気」の手話

②右手と左手の先を合わせ、右から左へ

 回転させるように動かす。

  意味:「町」の手話

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

6月

11日

手話を覚えてみよう!( 三重県内市町:紀宝町)

 手話を覚えてみよう!(紀宝町)

今回の手話単語は、『紀宝町』の手話です。

 

(手話表現)

①左手を握り、その上で右手を2回開く

  意味:「宝」の手話

②右手と左手の先を合わせ、右から左へ

 回転させるように動かす。

  意味:「町」の手話

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

5月

23日

センターからのお知らせ(多気町と協定を締結しました)

いのちを守るために『三重県(三重県聴覚障害者支援センター)が多気町と「災害時における聴覚障がい者の支援に関する協定』を締結しました!

写真提供:三重県子ども・福祉部 障がい福祉課

 

右:三重県 鈴木知事

左:多気町 久保町長

昨日5月22日、三重県(三重県聴覚障害者支援センター)は、

多気町と『災害時における避難行動要支援者(聴覚障がい者)の支援に関する協定』を締結しました。

協定締結式は、三重県庁3階(プレゼンテーションルーム)で

行われ、三重県鈴木知事、多気町久保町長、当センター長等が

出席しました。

 

その様子はNHK三重でも報道されています。

【NHK三重 NEWS WEB 県と多気町が聴覚障害者支援協定】

 http://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/3074882391.html

 

 平成25年4月に、本協定と同趣旨の協定を県内で初めて

 伊勢市と締結してから、現在、県(当センター)との

 協定市町は多気町で10市町になりました。

 

今後も、災害時の聴覚障害者への支援をスムーズに行えるよう、協定締結市町の増加に取り組んでいきます!

 


2018年

5月

18日

手話を覚えてみよう!( セントレア:中部国際空港)

 手話を覚えてみよう!(セントレア:中部国際空港)

今回の手話単語は、中部国際空港『セントレア』の手話です。

 

(手話表現)

①左手で「C」かたちを作る。

  意味:中部国際空港「Chubu Centrair International

     Airport」の頭文字「C」

②右手で親指・人差指・小指を立てた「飛行機」の手話を

 左手でつくった「C」のやや右から前方へ抜けるように出す。

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

5月

16日

センターからのお知らせ(要約筆記奉仕員のみなさまへ」)

要約筆記奉仕員が要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表(H30年度分)

要約筆記奉仕員のみなさま(重要)

 

三重県で要約筆記奉仕員が要約筆記者になるために
必要な講座の、平成30年度の予定が決まりました。
これまでの奉仕員の経験を活かし、
今後、要約筆記者として活動していただきますよう、
ぜひとも受講してください。

 

受講希望者は事前にセンターへお申込み下さい。

詳細は右の案内をごらんください。

 

H30年度スケジュール.pdf
PDFファイル 152.3 KB

2018年

5月

01日

手話を覚えてみよう!( ゴールデンウィーク)

 手話を覚えてみよう!(ゴールデンウィーク)

ゴールデンウィークまっただ中ですが、

みなさん久々の長期休暇を楽しまれていますでしょうか?

 

さて、今回の単語はその『ゴールデンウィーク』の手話です。

 

(手話表現)

①右手の人差指・中指で輪っかのかたちを作る。

  意味:「金」「お金」

②正面前方で、両手の掌を下にし、両方を打ち付けながら

 右から左へ移動させていく。

  意味:「連休」

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

4月

19日

手話を覚えてみよう!(三重県総合博物館: MieMu)

手話動画スタート! 手話を覚えてみよう!(三重県総合博物館:MieMu)

手話を広めるための取り組みとして、

今月から新たに手話動画コーナーをスタートしました!

 

今回の単語は、『三重県総合博物館』の手話です。

三重県総合博物館の愛称「MieMu」から作られた手話です。

 

(手話表現)

①両手の人差指・中指・薬指で「3」のかたちを作る。

  意味:三重県の「三」、MieMuの「M」

②両手を「3」の形ののまま、体の中央にmを

 描くように寄せて、くっつける。

  意味:MieMuの「M」に見える

 

手話表現は下の動画をごらんください。

次回もお楽しみにー。

 


2018年

4月

12日

センターからのお知らせ(手話通訳士試験の案内)

第30回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)の案内が始まりました

厚生労働省認定「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」の平成30年度の受験案内が始まりましたのでお知らせします。

 

●試験期日:
      (1) 学科試験:平成30年10月6日(土)
      (2) 実技試験:平成30年10月7日(日)
●試験地 (学科試験及び実技試験とも共通):
    東京、大阪、熊本
●試験科目
      (1)
       学科試験
           (ア) 障害者福祉の基礎知識
           (イ) 聴覚障害者に関する基礎知識
           (ウ) 手話通訳のあり方
           (エ) 国語
      (2) 実技試験
           (ア) 聞取り通訳〔音声による出題を手話で解答〕
           (イ) 読取り通訳〔手話による出題を音声で解答〕
●受験申込受付期間
   平成30年5月10日(木)~6月15日(金)

 

詳細は右の案内をごらんください。

なお、5月8日以降から、「受験の手引」及び「受験の申込書」を

(社福)聴力障害者情報文化センターのホームページから、

ダウンロードできます。

社会福祉法人聴力障害者情報文化センター

   http://www.jyoubun-center.or.jp/slit/

 

平成30年度第30回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)案内.pdf
PDFファイル 385.4 KB

2018年

4月

03日

センターからのお知らせ(手話通訳者養成講座の受講者募集)

平成30年度 三重県手話通訳者養成講座 受講者募集

この度、『平成30年度三重県手話通訳者養成講座』の

受講生を募集します。

手話通訳とは、日本語(音声言語)を手話に置き換えたり、手話を日本語に置き換えることで、聞こえない方と聞こえる方の、お互いの意思疎通支援を行います。

県および各市町には、手話通訳者の派遣事業があり、その事業の担い手である手話通訳者を養成するのが、この講座です。

 

■対象者:

 以下の条件を全て満たすことができる者とする。

 なお、実施主体が行なう他の講座を受講中の者は、

 当講座との重複受講は不可とする。
 ①手話を駆使して特定の聴覚障がい者と日常会話が

  可能であること。
 ②全日程70%以上出席できること。
 ③18才以上で地域の手話サークル等で現在も含めて

  3年以上手話を学んでいること。
 ④講座終了後に県や市町の登録通訳者として活動する

  意志があること。
 ⑤聴覚障がい者団体および手話関係者団体の活動等、

  聴覚障がい者との交流や情報交換の場に積極的に

  参加する意欲があること。

■募集定員:

  12名 ※面接により受講可否を決定

 【面接日…5/27(日)午後】
 

詳細は右の「応募用紙」をごらんください。
応募締め切りは5月16日(水)です。※当日消印有効

ぜひ、ご応募をお待ちしています!

平成30年度手話通訳者養成講座 案内.pdf
PDFファイル 183.0 KB

2018年

3月

16日

センターからのお知らせ(2017年度全国統一要約筆記者認定試験 合格発表)

2017(平成29)年度全国統一要約筆記者認定試験 合格発表

平成30年2月18日に実施しました標記試験の結果発表がありました。

◆合格者受験番号
<手書き>
 T4P
 T5P
<パソコン>
 T4P
 T5P
 P2 
 P3
 P4


本人宛の通知は本日投函いたします。
なお、センターだより4月号にて合格者名を掲載する予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
本人宛の通知は本日投函いたします。
なお、センター便り4月号にて合格者名を掲載する予定です。

◆三重の状況
<手書き>
 受験者 5名
 合格者 2名
 合格率 40%

<パソコン>
 受験者 14名
 合格者 5名
 合格率 36%

◆全国の状況
<手書き>
 受験者 585名
 合格者 123名
 合格率 21%

<パソコン>
 受験者 483名
 合格者 167名
 合格率 35%



センター便り№29(4月号)ができました」


センター便り№29(4月号)を発行しました!

ぜひ、ご覧いただき、ご意見などをいただければ幸いに存じます。

(下記のPDFファイルをダウンロードの上、ご覧ください)

センター便り 2015年度-No.29(4月号)
センター便り-0029.pdf
PDFファイル 591.1 KB

 

「統一試験合格者発表」

以下の統一試験の合格者の発表がありましたので

お知らせします。(詳細は右のファイルをクリックしてください)
  2014年度手話通訳者全国統一試験合格者
  2014年度全国統一要約筆記者認定試験合格者

「2015年度のセンター各事業の開催案内」

 

〈手話関係事業〉

◆手話通訳者現任研修◆

   第1回 2015年6月27日(土)

   第2回 2016年1月31日(日)

   第3回 2016年3月12日(土)

◆健康管理学習会◆ 

   2015年5月31日(日)

※社会福祉法人全国手話研修センター主催の通訳士・者研修◆

 ○手話通訳士現任研修(基礎研修および政見放送)

  第1回 群馬  2015年4月24日(金)~26日(日)

  第2回 京都  2015年5月15日(金)~17日(日)

  第3回 北海道 2015年6月 5日(金)~ 7日(日)

  第4回 熊本  2015年8月14日(金)~16日(日)

 ○手話通訳士現任研修○

  第1回 岩手 2015年 5月27日(水)~31日(日)

  第2回 山口 2015年 7月 8日(水)~12日(日)

  第3回 千葉 2015年10月21日(水)~25日(日)

  第4回 京都 2015年12月 9日(水)~13日(日)

 ○手話通訳者現任研修(手話通訳士試験対策)○

  第1回 香川 2015年 5月15日(金)~17日(日)

  第2回 青森 2015年 7月 3日(金)~ 5日(日)

  第3回 長野 2015年 8月 7日(金)~ 9日(日)

  第4回 京都 2015年 9月 7日(月)~ 9日(水)

 ○手話通訳者現任研修○

  第1回 京都 2015年 5月27日(水)~31日(日)

  第2回 愛知 2015年 7月 8日(水)~12日(日)  

  第3回 山形 2015年10月21日(水)~25日(日)  

  第4回 沖縄 2015年11月19日(木)~23日(月・祝)

 

〈要約筆記関係事業〉

 要約筆記関係の開催日時については、決まり次第改めてお知らせします。

 

防災セミナー 災害時の要援護者対策に



 ついて考える に参加しました」


 去る2月18日(水)、三重県伊勢庁舎4階 第401会議室において三重県南勢志摩地域活性化局主催の『防災セミナー「災害時の要援護者対策について考える」』が開催されました。会場には200名を超す参加者が来場、防災の関心度の高さを実感したセミナーとなりました。

「2015年度 三重県要約筆記者移行講座」

 

要約筆記奉仕員から要約筆記者に移行するために、受講が必要な講座です。

下記の16時間をすべて受講する必要があります。

2015年度が最終となりますので、移行を希望する方は必ず受講してください。

 

 ・  6月  7日(日)第13講(4h)

 ・  8月  1日(土)第14講(2h)

 ・11月  1日(日)第 6講(3h)

 ・12月  6日(日)第 9講(4h)

 ・12月19日(土)第 8講(3h)

 

申込み書は県登録者はセンターから送ります。

市町のみの登録者は、市町福祉課から送っていただくようにします。

その他の方は、センターまでお問合せ下さい。

 

「要約筆記を利用される方へ」

 

要約筆記には「全体投影」と「ノートテイク」があります。

要約筆記のことをもっと知っていただくため、説明資料を作成しました。

ぜひ、ご一読ください。

要約筆記「全体投影」
要約筆記(全体投影)の説明.pdf
PDFファイル 99.3 KB
要約筆記「ノートテイク」
要約筆記(ノートテイク)の説明.pdf
PDFファイル 75.8 KB


手話通訳、要約筆記って…なんだろう?

 ~派遣事業パンフレット」


手話通訳って?要約筆記って?その疑問にお答えする

パンフレットができました!

また、三重県内の手話通訳・要約筆記派遣事業を実施している

市町村もひと目でわかります。

ぜひ、下記のPDFファイルからご覧ください。


派遣事業実施市町パンフレット2014.pdf
PDFファイル 613.2 KB

 

センターのパンフレット更新しました!」

 

 センターのパンフレットを一新しました。

センターの部屋配置の公開や事業の内容などを簡単にご紹介しています。

 センターにも常備していますので、ご来局の時はぜひ手にとって見てください。

また、下記のPDFファイルからもご覧になれます。

 

Newパンフレット(A4版)
20140430パンフレット(QR、相談日、写真あり).pdf
PDFファイル 1'014.7 KB

「要約筆記者養成テキスト(生労働省カリキュラム準拠)訂正

要約筆記者養成テキストの第1版と第2版に訂正がありました。

 詳細は下記のPDFファイル「要約筆記者養成テキスト正誤表」をご覧ください。

要約筆記者養成テキスト正誤表.pdf
PDFファイル 168.9 KB



「パッチワーク作品の寄贈を

 頂きました」


20144月1日でセンター開設2周年を迎えまし  た。一般社団法人三重県聴覚障害者協会女性部たちから、パッチワークで作ったチラシ入れホルダーをいただきました。本当にありがとうございます。

受付に展示していますので、是非来所の際はご覧ください。

重要なお知らせ・募集中

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

要約筆記者へ移行するために必要な講座の日程表です!

・要約筆記者への移行について

・平成30年度スケジュール

字幕ボランティア日】

7/ 3(火) 13:00~16:00

7/18(水) 13:00~16:00

【平成30年度難聴手話教室日】

※参加者、常時受付中!

●平成30年

  4/11(木)13:30~15:00

  5/10(木)13:30~15:00

  6/14(木)13:30~15:00

  7/12(木)13:30~15:00

  8/ 9 (木)13:30~15:00

  9/13(木)13:30~15:00

10/11(木)13:30~15:00

11/  8(木)13:30~15:00

12/13(木)13:30~15:00

●平成31年

 1/10(木)13:30~15:00

 2/14(木)13:30~15:00

 3/14(木)13:30~15:00 

【7月の相談日】

火曜日:7/3,10,17,24

木曜日:7/5,12,19,26,

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp

各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索