2022年

11月

29日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映のお知らせ『すずめの戸締まり

 

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

すずめの戸締まり

 

(ストーリー)    

 

「君の名は。」「天気の子」の新海誠監督が、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる「扉」を閉める旅に出た少女の冒険と成長を描いた長編アニメーション。
九州で暮らす17歳の岩戸鈴芽(すずめ)は、扉を探しているという旅の青年・宗像草太と出会う。彼の後を追って山中の廃墟にたどり着いたすずめは、そこだけ崩壊から取り残されたかのようにたたずむ古びた扉を見つけ、引き寄せられるようにその扉に手を伸ばす。やがて、日本各地で次々と扉が開き始める。扉の向こう側からは災いがやって来るため、すずめは扉を閉める「戸締りの旅」に出ることに。数々の驚きや困難に見舞われながらも前へと進み続けるすずめだったが……。
「罪の声」「胸が鳴るのは君のせい」などに出演してきた若手俳優の原菜乃華が、オーディションを経て主人公すずめ役の声優に抜てきされた。草太役はこれが声優初挑戦の「SixTONES」の松村北斗。そのほか、深津絵里、染谷将太、伊藤沙莉、花瀬琴音、松本白鸚らが声優を務め、新海作品常連の神木隆之介、花澤香菜も出演。音楽も、新海監督と3度目のタッグとなる「RADWIMPS」が、作曲家の陣内一真とともに担当した。

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間

  12月3日(土)~4日(日)18:20~

  12月5日(月)~6日(火)15:45~

【監督】

 新海誠

 

【原作】

 新海誠

  

【脚本】

 新海誠

 

【キャスト】

 原菜乃華

 松村北斗

 深津絵里

 染谷将太   他 

                  【配給】

 東宝

 

【上映時間】

 121分


2022年

11月

29日

みみより情報(令和4年度第3回県民人権講座)

令和4年度第3回県民人権講座のお知らせ

 

12月10日(土)三重県人権センターで

第3回県民人権講座が開催されます。

講座の後にはボッチャの体験イベントも

予定されています。

講座には手話通訳・要約筆記が付きます。

たくさんの方のご参加をお待ちしています。 

 

日時 :12月10日(土)13:30~16:00

   (受付 12:30~)

<講座(13:30~15:00)>

「パラスポーツ・ボッチャで輝く人、街、未来!!

 ~ボッチャとの出会いが教えてくれたこと~」

<体験イベント(15:10~16:00)>

「初めての人も一緒にやってみよう、ボッチャ体験会」

会場:三重県人権センター多目的ホール

定員:150名(入場無料、定員に達し次第受付終了)

 

イベントの詳細や参加申込方法については、

右のチラシをご覧下さい。

 

令和4年度第3回県民人権講座
第3回県民人権講座チラシ.pdf
PDFファイル 1.7 MB

2022年

11月

29日

みみより情報(企業と人権を考える集い)

「企業と人権を考える集い」のご案内

 

12月22日 (木)三重県庁講堂で

「性の多様性と人権」をテーマに

講演会が行われます。

講演には手話通訳が付きます。

(要約筆記は12月2日までに要事前申請)

たくさんの方のご参加をお待ちしています。

 

日時:12月22日(木)13:30~15:30 

場所:三重県庁講堂(津市広明町13番地)

講師:南 和行さん(なんもり法律事務所 弁護士)

申込締切:12月9日(金)(定員 先着100名)

 

 

参加ご希望の方は下記HPの参加申込フォームに

必要事項を記入し、送信してください。 

企業と人権を考える集い 参加申込フォーム (logoform.jp)

チラシをダウンロードし、必要事項を記入して

メール、FAX、郵送でのご応募も可能です。

詳細は右のチラシでご確認ください。

 

企業と人権を考える集い チラシ
企業と人権を考える集い.pdf
PDFファイル 929.2 KB

2022年

11月

25日

みみより情報(字幕電話サービスについて)

字幕電話サービス利用者募集のお知らせ

 

(株)アイセック・ジャパンでは、現在

字幕電話サービスの利用者を募集しています。 

「字幕電話」とは、聞こえに不自由を感じている方が

電話を利用する際に、相手の話す内容をスマホや

タブレット、またはパソコンに文字で表示する

サービスです。相手の声が聞き取れなくても

内容は文字で確認できるので、電話での会話が

成立します。 

 

<ご利用いただける方>

●聞こえに不自由を感じている方

●ご自身のスマートフォン など

電話機能+字幕表示が可能な端末をお持ちの方

※固定電話とタブレット、パソコンなどの組み合わせも可

※携帯電話キャリアの制限はございません

 

現在、月額基本料が無料になるキャンペーンも

行われています。ぜひご検討ください。

詳細は右の案内チラシ、または下記HPをご覧ください!

字幕電話サービス-株式会社アイセック・ジャパン

(HPから問い合わせや申し込みも可能です)

 

字幕電話サービス利用者募集
字幕電話サービス利用者募集チラシ.pdf
PDFファイル 2.1 MB

2022年

11月

21日

みみより情報(第19回さがの映像祭<再告知>)

「第19回さがの映像祭」応募期間が延長されました

9月2日のブログでご紹介しました

「第19回さがの映像祭」ですが、

応募期間が延長されました!

まだまだエントリー受付中です。

芸術の秋、皆さんも応募してみませんか?

 

<募集要項>

●映像は15秒~20分以内

●2年以内に制作したもの

●聴覚障害者が視覚的に理解できる作品

(手話や字幕をつけてください)

●手話を知らない人が鑑賞できる作品

(手話には字幕をつけてください)

●1団体(もしくは1個人)1作品

●作品は本編のみ

(メイキング映像は入れないでください)

※イベントや映画の宣伝動画はご遠慮ください 

 

応募締切 :11月30日(水)当日消印有効

 

応募方法など詳細は、右のチラシまたは

下記HPをご覧ください。

「第19回さがの映像祭」映像作品を募集いたします!(締切11/14→11/30) - 社会福祉法人全国手話研修センター (com-sagano.com)

 

第19回さがの映像祭(再告知)
第19回さがの映像祭チラシ・応募要項・開催要項(再告知).pdf
PDFファイル 1.2 MB

2022年

11月

18日

みみより情報(映画「こころの通訳者たち」)

映画「こころの通訳者たち」公開のお知らせ

 

「手話」を目の見えない人に伝えるため試行錯誤する

人たちの姿を捉えたドキュメンタリー映画、

「こころの通訳者たち」が 明日、11/19から

名古屋シネマテークで公開されます。

初日の明日は出演者の舞台挨拶も予定されています。

ぜひ劇場に足をお運び下さい。

 

こころの通訳者たち

 

(ストーリー)    

日本で唯一のユニバーサルシアターである東京都北区の

映画館シネマ・チュプキ・タバタ。全ての上映作品に

音声ガイドと字幕をつけている同館で、耳の聴こえない人に演劇を楽しんでもらおうと奮闘する3人の舞台手話通訳者を記録したドキュメンタリー作品を上映することに。

その映像を目の見えない人にも伝えるため、個性豊かな

メンバーたちによる「音声ガイド」づくりがスタート

する。舞台手話通訳者たちの思いはいつしか音声ガイド

づくりのメンバーたちの思いと重なり合い、言語や障害の有無を超えて心のバトンをつないでいく。

監督は「<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事」の山田礼於。

 

 

【上映情報】 

 ●上映劇場:名古屋シネマテーク

 ●上映日時:11月19日(土)~12/2日(金)10:00~

 ※全日程、字幕付上映です。

 

【監督】

 山田 礼於

 

【プロデューサー】

 平塚千穂子

 

【キャスト】

 平塚千穂子

 難波創太

 石井健介

 近藤尚子   他 

                  【配給】

 Chupki

 

【上映時間】

 94分


2022年

11月

17日

みみより情報(映画「桜色の風が咲く」)

映画「桜色の風が咲く」公開のお知らせ

世界ではじめて盲ろう者の大学教授となった

福島智さんの生い立ちを描いた映画

「桜色の風が咲く」が11/4から全国の映画館で

公開されています。

 

桜色の風が咲く

 

(ストーリー)    

関西の町で教師の夫や3人の息子とともに暮らす令子。幼少時に失明した末子の智は家族の愛情に包まれて天真爛漫に育ち、東京の盲学校で高校生活を送るが、18歳の時に聴力も失ってしまう。暗闇と無音の世界で孤独にさいなまれる智に希望を与えたのは、令子が彼との日常から考案した新しいコミュニケーション手段「指点字」だった。母子は勇気を持ってひとつずつ困難を乗り越え、人生の可能性を切り拓いていく。
小雪が母・令子役で12年ぶりに映画主演を務め、「朝が来る」の田中偉登が青年期の智を演じる。監督は「パーフェクト・レボリューション」の松本准平。

 

三重県内での上映予定は以下のとおりです。

日本語字幕やUDCastでの対応もあります。

ぜひ足をお運び下さい。  

 

【三重県内での上映情報】 

 ●上映劇場:伊勢進富座

 ●上映日時:12月16日(金)~17日(土)

           12:15~/19:15~

       12月18日(日)~28日(水)

           12:15~

  ※日本語字幕上映:12/16(金)~22(木)12:15の回

   UDCast上映:12/16(金)~22(木)19:15の回

          12/23(金)~28(水)

   UDCastを利用される方は、ご自身で

   スマホ、専用めがねをご用意下さい。

   劇場での貸出はありません。詳しくはこちら↓

   UDCast - あなたの「ミカタ」 

【監督】

 松本准平

 

【脚本】

 横幕智裕

  

【制作総指揮】

 結城崇史

 

【キャスト】

 小雪

 田中偉登

 吉沢悠

 吉田美佳子   他 

                  【配給】

 ギャガ

 

【上映時間】

 113分


2022年

11月

08日

みみより情報(こころのバリアフリーセミナー)

「こころのバリアフリーセミナー」のご案内

三重県総合文化センターで

「こころのバリアフリーセミナー」が開催されます。

オンライン(Zoom)での参加も可能です。

参加は無料、手話通訳・要約筆記があります。

たくさんの方のご参加をお待ちしています。 

 

日時:12月16日(金)13:30~15:30 

場所:三重県総合文化センター 生涯学習棟大研修室

   (三重県津市一身田上津部田1234)

定員:100名(先着順)※オンラインの定員はありません

第1部:障がい者をとりまく社会状況について

    ●講演 ●合理的配慮についての検証

   

第2部:障がい者の多様で柔軟な働き方について

    事例紹介●障がい者の短時間雇用 

        ●施設外就労「M.I.Eモデル」  

 

参加ご希望の方は下記URLからお申し込み下さい。

(申込期限 12月9日(金))

三重県-電子申請・届出システム-申し込み内容入力 (mie.lg.jp)

 

こころのバリアフリーセミナーチラシ
こころのバリアフリーセミナー.pdf
PDFファイル 1'001.4 KB

2022年

11月

02日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映のお知らせ『ぼくらのよあけ

 

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

ぼくらのよあけ

 

(ストーリー)    

 

2011年に「月刊アフタヌーン」で連載された今井哲也のSFジュブナイル漫画「ぼくらのよあけ」をアニメーション映画化。
西暦2049年の夏。阿佐ヶ谷団地に住む小学4年生の沢渡悠真は、もうすぐ地球に大接近するという彗星に夢中になっていた。そんなある日、沢渡家の人工知能搭載型家庭用ロボット・ナナコがハッキングされてしまう。犯人は「二月の黎明号」と名乗る未知の存在で、宇宙から1万2000年の歳月をかけて2022年に地球にたどり着いたもののトラブルで故障し、阿佐ヶ谷団地の一棟に擬態して休眠していたのだという。二月の黎明号から宇宙に帰るのを手伝って欲しいと頼まれた悠真たちは、極秘ミッションに乗り出す。
杉咲花が主人公・悠真、声優の悠木碧が人工知能搭載ロボット・ナナコ、朴ろ美が謎の存在である二月の黎明号の声を演じる。

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間

  11月6日(日)~8日(火)9:45~

 

 

 

 

【監督】

 黒川智之

 

【原作】

 今井哲也

  

【脚本】

 佐藤大

 

【キャスト】

 杉咲花

 悠木碧

 藤原夏海

 岡本信彦   他 

                  【配給】

 ギャガ

 エイベックス・ピクチャ

 ーズ

 

【上映時間】

 120分


2022年

11月

02日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

日本語字幕付映画上映のお知らせ『線は、僕を描く

 

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

線は、僕を描く

 

(ストーリー)    

 

水墨画の世界を題材にした砥上裕將の青春小説「線は、僕を描く」を、横浜流星の主演、「ちはやふる」の小泉徳宏監督のメガホンで映画化。
大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で水墨画と運命的な出会いを果たす。白と黒のみで表現された水墨画は霜介の前に色鮮やかに広がり、家族を不慮の事故で失ったことで深い喪失感を抱えていた彼の世界は一変する。巨匠・篠田湖山に声を掛けられて水墨画を学ぶことになった霜介は、初めての世界に戸惑いながらも魅了されていく。
篠田湖山の孫で霜介にライバル心を抱く篠田千瑛を「護られなかった者たちへ」の清原果耶、霜介の親友・古前を「町田くんの世界」の細田佳央太、霜介に触発されて古前と共に水墨画サークルを立ち上げる川岸を「サマーフィルムにのって」の河合優実が演じ、三浦友和、江口洋介、富田靖子らが脇を固める。

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】 

 ●上映劇場:イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間

  11月5日(土)17:50~

  11月6日(日)~8日(火)16:35~

 

【監督】

 小泉徳宏

 

【原作】

 砥上裕將

  

【脚本】

 片岡翔 小泉徳宏

 

【キャスト】

 横浜流星

 清原果耶

 細田佳央太

 河井優実   他 

                  【配給】

 東宝

 

【上映時間】

 106分


「わたしたちの手話 新しい手話2015」

「新しい手話2015」は、「政治・経済」「社会・労働」「自然・環境」など時事性の高い用語が満載です。
ろう者も手話初心者もベテラン通訳者も必読の一冊、手話で楽しいコミュニケーションの輪を広げていきましょう!
(A5判 96 定価800円+税(税込価格864円)

「わたしたちの手話 学習辞典2」

新しい手話の辞典が出ました。

大ベストセラー『わたしたちの手話 学習辞典』、待望の第2巻!第1巻に続き、手話学習者・手話通訳者必携の一冊です。

(A5判 2色刷 612 定価2,600円+税(税込価格2,808円

「聴さんと学ぼう」

 

本書は、市民講座、手話学習会等で指導者と一緒に学ぶための手話テキストです。
手話がはじめての方がろう者や手話について知り、自己紹介や手話での簡単な会話ができる程度の手話を身につけることのできる内容になっています。
カリキュラムは「挨拶」「買い物」「防災」など全12講座。各講座とも、「会話文」「この単語を覚えよう」「ステップアップ」で構成され、場面別に「聴さん」と一緒に会話から手話を学ぶ、誰もがはじめやすい内容になっています。
また、ろう者について理解を深めるため「知ってほしいこと」を掲載。そのほかに基本的な単語が205語、指文字、数詞、助数詞一覧も掲載されています。

(A5判 64 定価900円+税(税込価格972円

※購入希望者は、三重県聴覚障害者協会事務局までお申し込みください。

「手話言語法(仮称)の制定を!

10.18 in 名古屋大行進が」行われました」


10月18日(土)正午 名古屋の栄公園で集合。デモには車イス障がい者も含む約300人が参加。手話でGo!のTシャツだらけで胸に熱いものがこみ上げてきた。

爽やかな空気の中、「私たちの声を国へ届けよう!」「私たちは手話で話したい・伝えたい」「いつでもどこでもだれでも手話を使える環境を!」「手話はろう者のことば」「あらゆる場面に手話」「目で見える情報が欲しい!」「求めています!手話で生きる世界」などと書かれた横断幕やのぼりを掲げ、栄公園からオアシス21経由で大津通そして本町公園まで約1時間半行進した。

(参加者から情報提供)2014.10.20 

2014センターまつり」2014.9.15(月・祝)

新年だ!書初めしよう!!企画を実施しました」

 「2013年センターまつり」2013.11.23

うれしい幸せ✿プレゼント」

 2013年4月1日でセンター開設1周年を迎えました。

 三重県聴覚障害者協会女性部メンバーからパッチワークで作ったタペストリー(壁掛け)を3セットいただきました。

「伊勢型紙を体験しよう」2013年5月22日(水)

「聴覚障害者 地域相談会」(尾鷲地区)

「健康管理学習会」2013年3月16日(土)

「平成25年「県民の日」記念事業出展」2013年4月13日(土)

「センター夏まつり」2012年8月4日(土)

「AED救命講習会」2012年11月4日(日)

「障害者週間イベント」2012年12月6日(木)~8日(土)

「月曜男と交流しよう」2013年1月15日(火)

「センター開所式」

LINEでもご覧いただけます!

 

ホームページでのお知らせを

LINEでもご覧いただけます。

 

お友だち登録

      お願いします!

重要なお知らせ

 

三重県】新型コロナウィルス感染症に関する相談窓口(聴覚障害者への対応)

感染症対策班

新型コロナウイルス感染症に  ついてのご相談等(個人の方)

新型コロナウイルス感染症相談用紙 

 

『手話を覚えてみよう』

手話動画

聴覚障害者での災害時支援についてのリーフレット『きこえないんです ~災害時の支援について~』発行!

『きこえないんです ~災害時の支援について~』(PDF)

字幕ボランティア日】

毎月2~3回 活動しています!

【令和4年度

   難聴者向け手話教室日】

毎月第1木曜日に開催しています。

※参加者、随時受付中!

 

【相談日】

毎月火曜日、木曜日

※できれば事前予約をお願いします

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈相談予約利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索

 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp