※下記のお知らせをそれぞれ分類し、上部の「センターからのお知らせ」「みみより情報」「字幕上映(邦画

   等)」などに掲載しています。ぜひ、そちらもご覧ください。

2016年

6月

17日

みみより情報(聴覚障害者への合理的配慮の例)

厚労省が『聴覚障害者向けコミュニケーション支援機器』を窓口に設置!

厚労省【聴覚障害者向けコミュニケーション支援機器の設置について】

厚労省(コミュニケーション支援機器の設置について).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 306.3 KB

厚労省が、6月1日より、来訪者受付、行政相談室、障害保健福祉部に『聴覚障害者向けコミュニケーション支援機器を』設置したそうです。

 

(案内より引用)
本年4月1日の「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の施行に伴い、厚生労働省に来庁される聴覚障害のある方と職員とのコミュニケーションをサポートする機器を設置しました。

 

●取組の概要
 (1)卓上型対話支援スピーカーを設置
 (2)以下の3つの機能を利用するため、

     タブレット端末を設置
   ①遠隔手話サービス
    遠隔地にある通訳センターの手話通訳者と厚生労働省

    窓口をテレビ電話でつなげることにより、手話通訳を

    受けることができます。
   ②筆談アプリ「UD 手書き」
    タブレット端末の画面上で筆談をすることができま

    す。
   ③音声認識アプリ「UD トーク」

    音声認識機能により、音声をリアルタイムに文字で表

    示することができます。

 

詳細は、左の案内をごらんください。

この取り組み、ぜひ広がって欲しいですね!


2016年

6月

16日

みみより情報(日本語字幕付き映画上映)

映画『高台家の人々』字幕付き上映のお知らせ

日本語字幕付き映画上映のお知らせです。

 

「ごくせん」「デカワンコ」などのヒット作で知られる森本梢子の大人気ラブコメディ漫画『高台家の人々』が、ついに実写映画化です。

 

『高台家の人々』

 http://koudaike-movie.jp/

(ストーリー)

趣味と特技が妄想という地味で冴えないOL・木絵の勤める会社に名家・高台家の長男・高台光正が転勤してきた。

光正には、高台家に代々引き継がれている、人の心を読むテレパシー能力が備わっており、馬鹿馬鹿しくも楽しい妄想をする木絵と過ごす時間は、光正にとって癒しの時間となっていく。

木絵の純粋な心に光正は次第に惹かれ、順調な関係を続ける木絵と光正だったが、木絵の前に「高台家」の存在が大きく立ちはだかり・・・。

 

「見たいけど、字幕がないと何言ってるかわからない・・」と

 諦めてしまっていませんか?

 三重県でも字幕付きで上映予定です。

 

【字幕付き上映情報】

 ●上映劇場    :イオンシネマ鈴鹿

 ●字幕付き上映時間:6月18日(土) 19:00~21:10

           6月19日(日) 18:55~21:05

           6月20日(月) 14:15~16:25

             

【イオンシネマ鈴鹿HP】

 http://www.aeoncinema.com/cinema/suzuka/

監 督:土方 政人
原 作:森本 梢子
脚 本:金子 ありさ
製 作:石原 隆
        市川 南
キャスト:
    綾瀬 はるか
    斎藤 工
    水原 希子
    間宮 祥太朗
    坂口 健太郎

 

上映時間:116分
配 給   :東宝


2016年

6月

15日

みみより情報(第22回NHKハート展への詩の募集)

NHK厚生文化事業団から『第22回NHKハート展への詩募集』のお知らせです

NHK厚生文化事業団から、『第22回NHKハート展への詩募集』のお知らせがありました。

 

『第22回NHKハート展への詩の募集』

    http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/art/heart/index.html(案内より引用)

第22回「NHKハート展」の詩を募集します。

「NHKハート展」は、障害のある人がつづった詩に込められた思いを、各界の著名人やアーティストがハートをモチーフにしたアート作品で表現する“詩とアートの展覧会”です。
日常で感じる気持ち、心に湧いてきた言葉、誰かに伝えたい思いを詩に込めて応募してください。

●募集内容
 障害のある人が書いた100字程度(短くても可)の詩
 ▶詩のテーマは自由。必ずタイトルをつけてください。

 ▶自作の未発表(インターネットなども含む)の詩に限りま

  す。
  *詩は応募後、選考結果発表まで未発表であること、さらに

  入選した場合、「NHKハート展」の巡回開始まで未発表で

  あることが条件です。
 ▶応募は1人5編までです。
 ▶点字による応募も可能です。

●募集期間

   平成28年5月16日(月)~9月9日(金)

 ※郵送は当日消印有効 
      

詳しくは、右の案内またはNHK厚生文化事業団のホームページをごらんください。

【NHKイベント・インフォメーション 第22回NHKハート展】

   https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0281121/index.html

 

第22回NHKハート展 誌の募集案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

2016年

6月

14日

みみより情報(字幕上映:四日市市立プラネタリウム)

『四日市市立プラネタリウム』で字幕付き投影があります!

『コズミックフロント』

『妖怪ウオッチ』

四日市プラネタリウム 案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.8 MB

四日市市立プラネタリウムで8月27日(土)、8月28日(日)に、

字幕付き投影があります。

 

【字幕投影】

 ※協力:三重パソコン要約筆記サークル「ことのは」

 

『コズミックフロント』

   8月27日(土) 14:30の回

   http://www.city.yokkaichi.mie.jp/museum/miru/ippan.html

 

『妖怪ウオッチ プラネタリウムは星と妖怪がいっぱい!』

  8月28日(日) 13:15の回

 http://www.city.yokkaichi.mie.jp/museum/miru/family.html

 

また、会場には磁気ループ補聴システムが設置されています。

ぜひ、お子さんと一緒に見に行きませんか?

 

詳しくは下記のHPまた左の案内ビラをごらんください。

【四日市市立博物館・プラネタリウム】

   http://www.city.yokkaichi.mie.jp/museum 

                  /museum.html

 

 

 

 


2016年

6月

13日

センターからのお知らせ(生活訓練事業:転倒予防教室)

聴覚障害者生活訓練事業『転倒予防教室』を開催します!!

高齢の方にとって“転ぶ”ということは、自分の身体能力にかなり自信を失うできごとです。

高齢であっても、

「これからもより元気で快適に生きる!」

「いざというときに自分の力で避難できる!」

これらはとても大切です。

しかし、地域の転倒予防訓練に参加しようにも、

高齢聴覚障害者は、手話通訳や要約筆記者がいないと、

講師の話も分からず、参加もためらってしまいますね。

 

そこで、当センターが手話通訳・要約筆記等、情報保障体制を整えた『転倒予防教室』を開催いたします!

この教室では、皆さまがいつまでも心と体を元気に保ちつづけるため、転倒予防のために気をつけることについて講師からお話を聞き、予防体操の方法を実際に体験しながら学びます。

 

【転倒予防教室(聴覚障害者生活訓練事業)】

▶日時:2016年7月26日(火)

    10:00~12:00(受付 9:45)

▶会場:三重県視覚障害者支援センター

    (注意!:視覚センターです!)

▶定員:30名

▶参加費:無料

 【持ち物・服装】

   予防体操の際、バスタオルを使っての体操を行います

 ので、バスタオルをご持参ください。

 また、動きやすい服装で、飲み物をご持参の上、お越

 しください
▶申込方法:「氏名」「連絡先」「必要な情報保障」

      当センターにFAXあるいはメールでお知らせ

      ください

      (右のフォームからも申し込めます)

▶申込締め切り:7月20日(厳守)

 

詳しくは右のファイルから、ごらんくださいませ。

 

20160726 生活訓練事業(転倒予防教室).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 703.8 KB

メモ: * は入力必須項目です


 

三重県聴覚障害者支援センターの

部屋予約状況・事業計画

重要なお知らせ・募集中

【平成28年度 健康管理学習会】

 ・案内・申込用紙(pdf)

 ・案内・申込用紙(Word)

【要約筆記者への移行について】

 ・移行について(説明)

 ・移行講座スケジュール

三重県手話通訳者養成講座の受講者を募集しています

 ・養成講座案内(PDF)

 ・養成講座案内(Word)

今月の字幕ボランティア日】  ※字幕ボラ常時募集中    6/ 7  (火)13:00~16:00   6/15 (水)13:00~16:00  6/21 (火)13:00~16:00   6/29 (水)13:00~16:00

【今月の難聴手話教室日】    ※参加者、常時受付中!    6/16 (木)13:30~15:00 

いのちを守るために

緊急時・災害時の通報

(聴覚障がい者の皆さまへ)


 三重県聴覚障害者支援センターは「聞こえない」または「聞こえにくい」人が自立した地域生活を営むことができるよう幅広い視野を持って支援する専門的な施設です

 インクルーシブ(全ての人が自分らしく生きること)を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションをサポートしていきます

当センター一般社団法人三重県聴覚障害者協会が指定管理者として運営管理を行なっています

問い合わせ先 

■住所:〒514-0003

    三重県津市桜橋2丁目131

    三重県社会福祉会館内5階

■FAX:059-223-3301

■TEL:059-223-3302

■e-mail:deaf.mie-

center@vivid.ocn.ne.jp

目的地までのルートを検索
ここから:
目的地:

各種手続き・電子サービス

センターを利用される方へ

〈センターを知ろう!〉

〈利用者登録申請書〉

〈施設・情報機器の利用申請書〉

〈字幕付ビデオライブラリの利用申請書〉

〈相談の利用申請書〉

「手話通訳者」「要約筆記者」「盲ろう通訳・介助者」の派遣を依頼される方へ

〈派遣申請にあたって〉

   (全体投影)(ノートテイク)

〈手話通訳・要約筆記派遣の申請書〉

〈盲ろう通訳・介助者派遣の申請書〉

手話通訳者、要約筆記者、盲ろう通訳・介助者の皆さまへ

〈通訳活動報告書〉

サイト内検索